ブログトップ

アンデスの長い歴史の最後に、南米大陸で最大、最強の文明を築き上げたインカ帝国が現れます。インカ帝国の始まりは意外と新しく西暦1200年ころだと推定されています。
残念ながらインカの人たちは最後まで文字を持たなかったために民族の歴史を再構成するには非常に難しいのです。インカ帝国についてある程度確かな歴史記述はスペイン人が南米大陸に進行して行った1520年以降になります。それはスペイン人の中で「クロニスタ」と呼ばれる年代記録者による文字による記録が残っているからです。クロニスタにはいろんな経歴の人がいたようですが、その中にはカソリックの神父、スペイン人の軍人、又はスペイン人とインカの貴族との間に生まれた混血児(メスティーソ)などがいました。
彼らは布教活動をしながら先住民の言い伝えや遺跡からの発掘に基づいた記述を記したり
インカの生活習慣などを記述しています。
このような限られた記述の中で最も関心か高いのはインカの時の皇帝に関することです。
インカの皇帝に触れずしてインカ帝国を話すことは無意味なことです。
インカ帝国の始まりは冒頭に西暦1200年頃であろうと書きました。日本の歴史で言うと鎌倉幕府か開かれて(1192年)、幕府の体制が整い安定してきた頃でしょうか。
インカ帝国の初代皇帝の名前は【マンコ・カパック】と言う人です。マンコ・カパックとはインカ帝国の公用語として使われたケチュア語で「最高にして権力を持った族長」と言う意味があります。インカ帝国の皇帝は初代のマンコ・カパックから13代『アタワルパ』までですが、スペイン人がアンデスに侵攻した時にインカ帝国の都だったクスコには
二代目の皇帝「シンチ・ロカ」から十一代の皇帝『ワイナ・カパック』までの皇帝のミイラが保存されていただけで、初代皇帝である【マンコ・カパック】のミイラはついに発見されませんでした。
はたしてインカ帝国の初代【マンコ・カパック】は実際に存在した皇帝なのかどうか?
インカ帝国の初代【マンコ・カパック】については二つの伝説が残っています。

その一つ、クスコから東南に向かって28キロほど離れた所に、パカリ・タンプ(下の宿場)と言う場所があって、そこにはタンプ・トヨ(窓の宿場)と言われる3つの穴が地面にあいている処があり、その中央の美しい穴からインカ帝国の創始者たちが沸き上がったそうです。中央の穴から現れた者がマンコ・カパックと3人の兄弟だった。マンコ・カパックは同じ穴から湧き出した10名の士族を引き従えてクスコの河谷に向かいます。
旅は数年かかり途中、村々に1,2年とどまり二代目の皇帝シンチ・ロカがマンコ・カパックの一番年上の妹ママ・オクヨの間に生まれます。
マンコ・カパック一族はクスコの河谷を歩き、黄金の杖で土地を試してみると、現在クスコの少々東の方が肥沃であることを知り、そこに腰を落ち着けることにしました。
しかし、当時谷間にはすでに多くの住民たちがいましたが、インカは太陽によって選ばれた民であり、トウモロコシと動物のリャマの為に土地が欲しかったので、先に住んでいた住民や部族から何度となく攻撃を受けたが、その都度、投石器で人を殺し怪我を負わせたりしたので、周囲の住民たちは恐れをなして逃げてしまった。そこでマンコ・カパックと士族たちは黄金の囲い(コリカンチャ)に、最初の宮殿を建てることにしました。
後々「太陽の神殿(コリカンチャ)」がそこに建てられた。今でもクスコとマチュピチュには同じ囲いを持つコリカンチャのアドべ(日干し煉瓦)を円錐状に積み重ねた遺稿が残っており見ることが出来ます。
もう一つのマンコ・カパック伝説については次回(数日後)に書きます。
b0076801_11114131.jpg

[PR]
# by yamasaki0903 | 2018-02-27 11:08 | HP.ブログの読者のページ | Comments(0)

現在日本に招聘している演奏グループは、ご存じ『INKANAN(インカニャン)』です。
以前から「インカニャン」とはどういう意味なんですか?との質問(問いかけ)に接することが多く、その都度次のような説明をしています。「インカ帝国を創りあげた(ケチュア族の言葉)で【インカ道】と言う意味から名付けたグループ名です」と。ほとんどの方がこの短い説明で理解をして頂いていますが、本来はもっと深く掘り下げて説明をしなければ本当の意味は理解していただけないだろうと思っています。
そもそも①【インカ】とは何なのか?インカの名前はどこから出てきた言葉なのか? 
②「ケチュア族」と言う人たちはどのような人たちなのか?
 この二つの言葉だけでも関連する知識を持っていただければ「インカニャン」の意味をより深く理解していただけるのではないかと思います。
私が50年来積み上げてきた知識(文献やアンデスでの聞き取り、会話、体験、実際に見てきた事、経験、そして私なりに感じ取った私見)の範疇で話を進めて行きます。

『INKANAN(インカニャン)』は二つの固有名詞から成り立っています。その一つは「INKA(インカ)」で、もう一つは「NAN(ニャン)」と言う言葉です。
(インカ)とは、この言葉には不思議な魅力があり世界中の人たちから常に関心を持たれる言葉だけに様々な意味が含まれています。もともとは現在のアンデス山中標高3300mの高地にあるCUSCO(クスコ)に住んでいた小さな部族の中の一つの名称で、この部族が幾たびの争いによって領土を広げて行き、後に南米で最も強大な帝国へと建設されていきます。領土を拡大していく過程でインカと同じ言語を使っていた他の部族の人たちもすべて含めて「インカ」と呼ぶようになっていきます。
ところが1520年代になってスペイン人が侵攻して来ると「インカ」の意味をさらに拡大して帝国そのものをインカと呼ぶようになったり、又はスペイン的でないものすべてを「インカ」と呼ぶようになり区別化、差別化をして行くのです。(ヨーロッパの古い慣習ではよくある事)
ただし、かってクスコの小さな部族の中の一つに過ぎなかったころに使っていたインカの言葉は、インカ帝国として強大になった15,16世紀に公用語として使われるようになったインカ語とはいくらか違った言葉になっていました。小さなインカ族が暮らしていたクスコの古い地名は拡大したインカ帝国の言葉(公用語)からは解釈理解することが出来ず、むしろチチカカ湖以南、ボリビアに多く住む先住民のアイマラ族の話す言葉(アイマラ語)に近いと言われています。
因みにアイマラ族と対比されるケチュア族の話す言葉(ケチュア語)は、インカ帝国の拡大に伴い、その地域に住む先住民が話していた言葉(ケチュア語)が次第に公用語のインカ語として使われるようになっていったと思われます。
クスコの一部族に過ぎなかったインカ族が大帝国を創りあげていく過程で、蜘蛛の巣状に情報の伝達手段として道をたくさん建設していくのですが、この道はあくまでも「公道」としての意味を持っていたために一般の住民たちは使用することを許されていませんでした。インカ帝国の成長(拡大)と共に作り上げて行ったこの公道
が『NAN(ニャン)』と呼ばれる言葉なのです。インカ族がインカ帝国として拡大していくのと同時に公道がたくさん造られていき、いつしか「インカニャン」(インカ道)として重要な意味を持ってくるのです。
しかし、(インカ道)「INKANAN・インカニャン」としての呼び方は、帝国へと成長していく初期の段階では「インカニャン」とは呼ばれていなかったことも解っています。
それでは次回、初期の「インカニャン」はどのように呼ばれていたのかを説明したいと思います。
b0076801_153332100.jpg

[PR]
# by yamasaki0903 | 2018-02-24 12:10 | HP.ブログの読者のページ | Comments(0)

アンデスの風,HP/BRGにいつもアクセス頂き有り難うございます。
まだまだ寒い日が続いていますが皆さん元気でお過ごしでしょうか?
2018年2月の下旬に入り残すところ1週間になってしまいました。西日本では梅の花が大きな蕾から花びらを咲かせる頃になってきました。季節は春に向かって着実に動いています。

アンデスの風では、2018年度も「インカニャン」を引き続き日本に招聘します。現在はそのための事前準備の段階です。
今年のコンサートツアーの傾向としては、大きなコンサートホールでの開催が多くなるようです。
ここ数年は関東地区からコンサートをスタートしていましたが、数年振りに2018年度は九州からコンサートを開始いたします。入国後、約10日間は福岡、佐賀、長崎の北部九州でコンサートを行い、その後、関東甲信越地区へと移動していきます。2カ月後再び九州へ戻り帰国までの約2か月間、九州各県でのコンサート開催の予定です。
今年から、来年へかけてアンデスの風・アンデス支援基金の大きなプロジェクトが控えており多忙な毎日になりそうです。
今年のコンサートでは、会場に来ていただいた皆さんに、南米アンデスの民族音楽をもっと分かりやすく身近にそして思いっきり楽しみ感動してもらうための仕掛け作りを考えています。
また、事前に南米の様々な知識を共有して頂き、インカニャンの音楽を通じて皆さん其々にインカニャンの音楽を聴きながら、アンデスの雄大な自然や、人々の暮らし、文化、歴史に思いをはせて戴こうと思っています。
そのためのアンデスのいろんな情報を次回の記事から提供していきます。
次回1回目の記事の内容は、演奏グループ「インカニャン」の名前の由来に関することから始めたいと思います。お楽しみに。
[PR]
# by yamasaki0903 | 2018-02-24 00:23 | HP.ブログの読者のページ | Comments(0)

b0076801_2234118.jpg

[PR]
# by yamasaki0903 | 2018-01-17 22:03 | コンサート・チケット情報 | Comments(0)

b0076801_2238843.jpg
b0076801_2149724.jpg

[PR]
# by yamasaki0903 | 2018-01-17 21:49 | コンサート・チケット情報 | Comments(0)

新しい年度に当たり、[アンデスの風]では,
この1年間全ての刊行物(チラシ、ポスター、CD、等)で使用する標語(副題)を
下記の通りに決定しました。
これから1年間、HP・BRG上、コンサートのご案内チラシ、ポスター等、
の刊行物で使用してまいります。宜しくお願いいたします。

       【BUSCANDO FELICIDAD】
         《幸せを求めて》
    ≪UN MUNDO CAMBIANTE≫
       (変わりゆく世界の中で)

     (副題)の変更について 1/17付
  いま世界が緊迫する中で、2018年度の標語の副題として
   下記のフレーズがより適切だとの判断で変更をいたします。。

  ≪ En el MUNDO OSCILANTE ≫
       (揺れ動く世界の中で)
[PR]
# by yamasaki0903 | 2018-01-17 01:18 | アンデスの風からの最新情報 | Comments(0)

2018年 明けましておめでとうございます。
昨年も全国の多くの皆さんに【(有)アンデスの風】・【アンデス支援基金】・【演奏グループ「インカニャン」】を応援、支援を戴き、誠に有り難く深く感謝を申し上げます。

2018年(平成30年)が勇躍、元旦のご来光で明けました。
全国の皆さんも其々の地で夢と希望に期待を抱きつつ新年を迎えられた事と拝察致しております。

今年は南米アンデスの子供たちへの支援活動を開始してから30年になります。
そして、新たに「アンデス支援基金」を開設してまるまる15年、同じくアンデスの民族音楽グループを招聘して15年になります。
この間、大勢の方々との出会いがあり皆さんの心温まる心情に触れて、一年一年コツコツと実績を積み重ねてきました。昨年末現在で継続して行っている事業、支援、貢献活動が7プロジェクトになっています。
この中でメインの学校建設を中心とした南米アンデスの厳しい状況下にある子供たちへの教育環境を整える支援活動では、久しく4校目になる学校建設の具体的なスケジュールが見えてきました。
今回は建設スケジュールに合わせてサポートをして戴いている諸団体との取り組みが、同時進行で落成時のセレモニーに向かって進んでいます。
世界の平和と人類の幸福の為に、ゆるぎない活動をそれぞれの分野で長い間継続して行っている
皆さんとの共同作業が実を結ぶ日が徐々に近まって来ています。
このような素晴らしい状況下で2018年もアンデスの風では、積極果敢に関連事業を遂行して参ります。
引き続き応援していただく皆さんと共に事業の達成へ向けて全力で取り組んでいきます。
皆さんの心温まるご支援を今年もよろしくお願い申し上げます。

 2018年1月1日(月) 

 (有)アンデスの風・アンデス支援基金・演奏グループインカニャン  
代表 山崎和幸
[PR]
# by yamasaki0903 | 2018-01-01 14:17 | アンデスの風からの最新情報 | Comments(0)

2017年度のスケジュール終了に当たって

2017年度、インカニャンコンサートのスケジュールにつきましては、12月20日(水)を持ちましてすべての予定していたスケジュールが無事、成功裏にまた大盛況のうちに終了いたしました。
多くの日本の皆様のご声援、並びにご支援に対して心より感謝しお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

年明け早々に2018年度のスケジュールを開示いたします。

来年はアンデスの風、アンデス支援基金、インカニャン、全てにとって
非常に大きな進展が予定されている年になります。
日本全国の皆さんから期待されているアンデスの風の各事業を
大きなウェーブの中に皆さんと共に取り込んでいきます。
ご期待ください。
年末に当たり心身ともに健康で新年を迎えられますよう祈念申し上げます。

(有)アンデスの風・アンデス支援基金・インカニャン
                     代表取締役 山崎和幸
[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-12-30 17:08 | 公演スケジュール | Comments(0)

-

b0076801_1613620.jpg




iPadから送信
[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-12-01 16:13 | Comments(0)

病院ロビーコンサート

b0076801_17584342.jpg




iPadから送信
[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-11-29 17:58 | Comments(0)

病院ロビーコンサート

b0076801_17574598.jpg




iPadから送信
[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-11-29 17:57 | Comments(0)

b0076801_17542137.jpg




iPadから送信
[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-11-29 17:54 | Comments(0)

b0076801_116226.jpg




iPadから送信
[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-11-26 11:06 | Comments(0)

カノンホール

b0076801_1125122.jpg




iPadから送信
[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-11-26 11:02 | Comments(0)

-

b0076801_1114535.jpg




iPadから送信
[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-11-26 11:01 | Comments(0)

b0076801_1101685.jpg




iPadから送信
[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-11-26 11:00 | Comments(0)

b0076801_2154241.jpg




iPadから送信
[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-11-26 02:15 | Comments(0)

b0076801_261875.jpg




iPadから送信
[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-11-26 02:06 | Comments(0)

-

食と農の体験ビレッジ「綾わくわくファーム」
     インカニャン・コンサート
日・時    2017年11月26日(日) 開場 10:30   開演 ①11:00   ②14:00
場所    宮崎県 東諸県郡 綾町 北俣2455-3
       電話  0985-77-0909
会費    大人2500円  子供1000円(幼児無料)
        (当日+500円)
     *前日までの申し込みでランチの予約もできます。
問い合わせ先:  綾わくわくファーム
           サポーター 090-4511-5711(山下さん)
                   080ー6455-6973(門脇さん)

『広大な高原の中にインカニャンの演奏が響き渡ります。』
【一緒に自然とインカニャン音楽のハーモニーを楽しみましょう】
b0076801_19385839.jpg

[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-11-20 21:43 | 公演スケジュール | Comments(0)

-

b0076801_21205857.jpg




iPadから送信
[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-11-20 21:41 | 公演スケジュール | Comments(0)