カテゴリ:アンデスの風支援基金のページ( 47 )

国際貢献活動について

2016年1月1日現在、アンデスの風が取り組んでいる支援活動について概略をお知らせいたします。
1、4校目の学校建設プロジェクト
  国際貢献活動の原点である学校建設については、2005年3校目の建設寄贈(クスコ県ピツマルカ郡区
  ウチュジュク小学校)以来具体化できていません。4校目の候補地については徐々に固まりつつあります。
  次回も教育環境整備が著しく遅れているアンデス山脈の地方の高地(標高4000m前後)が最有力候補   地として考えています。1日でも早く建設着工へ向けての実現化を図っています。

2、使い古しの学用品の寄贈
  1990年から全国の小、中、高校、慈善団体、企業、個人の皆さんから寄贈していただいている使い古し   の学用品については、随時輸送、訪問時の手荷物で届ける活動を行っています。
  それでも寄贈していただく学用品の多さに、今後輸送費の支援について諸団体に検討をお願いしていく必  要に迫られています。

3、交通安全教育
  暴走する飲酒運転の車の事故により、一瞬で奪われた小さな命。あかねちゃんは、わずか10歳でした。   お星さまが大好きだったあかねちゃんは、交通安全の願い星「星になったあかねちゃん」(ステラ・オブ・あ  かね・Ⅿ・エンジェル)となり、今日もお空からみんなの幸せを見守り続けています。【星になったあかね    ちゃん】より。
  深い悲しみを乗り越えたご両親(丸田研二、康子さん)の思いに共鳴して、スペイン語に翻訳した絵本を   使って、アンデスの学校の授業で交通安全教育をこれからも行っていきます。

4、音楽教育
  楽譜を読めないアンデスの子供たちを中心に、日本で寄贈していただいた鍵盤ハーモニカを使って五線   譜の読み書きと演奏の指導を行っています。
  ピアノや、その他の鍵盤楽器を購入できない学校にとっては鍵盤ハーモニカによる音楽教育は新しい音楽  教育の先駆的な役割を担っていきそうです。

5、演奏活動支援
  日本で活動をしているプロ、アマの演奏家の中で、長年にわたり社会貢献活動や国際貢献活動、平和活  動の実績がある方を中心に南米アンデス地域にお連れして、日系社会の皆さんやアンデスの子供たち    にクラシック音楽の演奏や日本の歌を通じて音楽による相互文化交流を継続して行っていきます。

6、フォルクローレ演奏グループの招聘
  アンデスの風が毎年秋季の4か月間だけ開催している、南米アンデス地方の伝統音楽、フォルクローレの  演奏グループによるコンサートを支援活動の一環として引き続き行って参ります。
  これまで開催していない地域(東北、北海道)での開催も積極的に検討していきたいと思っています。
  
*以上の活動概略は、2015年度版CD「INKANAN ORO」の支援活動概略にも記載しています。
  なお、2016年度の新作CDのパッケージ裏面にも記載の予定です。
  引き続き皆様の温かいご支援をお願い申し上げます。
  
[PR]

by yamasaki0903 | 2016-01-19 15:41 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)

新刊書「なっちゃんの大冒険」ご案内

5/1付、新刊書『なっちゃんの大冒険」花乱社刊・定価【本体1500円+税)が発行されました。
この本の著作者は、ピアニストで音楽企画会社、ル・セルクル代表の久保山千可子先生と御嬢さんで同じくピアニストの久保山菜摘さん親子によるものです。
小学6年生の時から毎年チャリティー・コンサートを開催し、2014年5月には全国から寄付された鍵盤ハーモニカの一部25台を持って、ペルー・アンデスの高地の小学校へ。国際交流と平和を求め願う多彩な国際貢献活動を綴った「母と娘連弾」のエッセーです。
特に、ピアノに関わった数百万人の日本の方々には是非一読して欲しいと思います。また現在ピアノ教室で練習を積んでいるお子さんやお母さんには必読書です。
これからの「新しいピアニスト像」を模索できる貴重な一冊です。
アンデスの風でもこの著書を斡旋いたします。
ご購入希望の方は、アンデスの風へ電話又はメールにてご注文ください。
アンデスの風:電話番号:0959(37)5340
         メール:ymsk0903@io.ocn.ne.JP
b0076801_11571032.jpg
b0076801_11575084.jpg

[PR]

by yamasaki0903 | 2015-05-20 11:58 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)

7月31日(木) 長崎新聞掲載記事について

7月31日(木)長崎新聞に、アンデスの風支援活動の一環で鍵盤ハーモニカを使った音楽教育支援の記事が掲載されましたのでご紹介いたします。
b0076801_1724508.jpg

[PR]

by yamasaki0903 | 2014-07-31 17:24 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)

学用品のプレゼント 間もなくアンデスに到着

長崎市立小江原中学校の生徒の皆さんから預かったペルーアンデスの子供達への学用品は、約1ヶ月余りかけて太平洋を航海し、さらに赤道を越えて南アメリカ大陸の太平洋岸のペルーカヤオ港に到着しました。
今は現地での受取人になっている、フォルクローレ演奏グループ「ワイリ」のメンバーだったホセ・ルイス君がアンデスのクスコから首都のリマに向かって税関で手続き後アンデスの学校に搬送することになっています。
クリスマスまでには子供達に届けたいとの思いがありましたので、何とかホセ君に頑張ってもらい確実に子供達に届いて欲しいと思っています。
こんな梱包で海を渡りました。写真を紹介します。
b0076801_21361651.jpg
b0076801_21373426.jpg

[PR]

by yamasaki0903 | 2007-11-29 21:39 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)

小江原中学校生徒会からの 感謝状

b0076801_14343133.jpg

[PR]

by yamasaki0903 | 2007-02-18 14:35 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)

小江原中学校 支援活動から(映像)

b0076801_23533786.jpg
b0076801_2354435.jpg

[PR]

by yamasaki0903 | 2007-02-17 23:54 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)

長崎市立小江原中学校の支援活動から

b0076801_2010334.jpg
先日、小江原中学校生徒の皆さんによるアンデスの風支援基金を通じたアンデスの子供達への文房具を送る支援活動については、概略をこのブログで紹介を致しました。
今回みかん箱9箱以上にもなる文房具1万点を超える支援活動の贈呈をしていただいた時に、1年から3年までの各クラスから、アンデスの子供達に心のこもったメッセージも同時に預かりました。このメッセージについては既にアンデスの学校の子供達に発送いたしましたが、どのようなメッセージだったのかをb0076801_2085698.jpg読者の皆さんにも紹介をしたいと思います。
[PR]

by yamasaki0903 | 2007-02-17 20:10 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)

長崎市立小江原中学校の生徒の皆さんから

2007年2月7日(水)、長崎市立小江原中学校生徒会の皆さん、約500名の生徒の皆さんによる、支援活動の賜物である、ノート、鉛筆をはじめとする学用品10000点以上の贈呈を、アンデスの風支援基金を通じて、アンデスの子供達にいただきました。
これは、当中学校の生徒の皆さんが1年かかつって国際貢献活動と世界の平和を念願する平和学習の中の一環として取り組んでくれていたものです。
生徒会の皆さんが中心となって生徒の皆さん全員が1年がかりでこつこつと地道な活動の中から積み上げてきたものです。
沢山の学用品のほかにも、アンデスの子供達に沢山のメッセージを書いてくれました。
まず、メッセージについては早速ペルー共和国・クスコ県ピツマルカ・ウチュジュク村の学校に郵送をしました。
到着次第ウチュジュク村の子供達からメッセージが小江原中学校の生徒の皆さんに届けられるようになっています。
このブログを通じて今後も報告をしたいと思っています。
尚この活動の模様については、2月7日(水)のNHK、NCC,NIBの各テレビ、2月8日(木)読売新聞、長崎新聞においても大きく報道されました。
現在も日本各地で沢山の学校、社会貢献活動を行っている団体の皆さんがアンデスの風支援基金の活動に賛同していただいて、活動を行っていただいています。
この件についても、随時このページで報告をしていきたいと思っています。
長崎市立小江原中学校の皆さん有難うございました。

アンデスの風支援基金 代表  山崎和幸
b0076801_20194418.jpg

[PR]

by yamasaki0903 | 2007-02-15 20:28 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)

支援活動の広がり

アンデスの風支援基金の活動が、西日本各地の教育現場で、教材として活用されています。
コンサート活動で各地の学校に行ったときも、児童生徒の教育の一環としてビデオ撮影で提供をしたり、コンサートの様子を録画して後々音楽の時間や、国際交流に関する事業の時に使われたりしています。
四国徳島県のある中学校では、民族音楽の授業でアンデスフォルクローレを取り上げてもらい、アンデスの風が提供した、音楽家達の演奏や、民族衣装を見聞きしながら独自にフォルクローレの演奏分析を行ったり、日本の音楽楽器を使って、フォルクローレの楽器の音に近づける工夫研究をしながら演奏を試みたりしています。

また支援活動を学校の生徒会主導でサポートしたいと言う申し出や、アンデスの子供たちとの交流のきっかけを作ってほしいなどの問い合わせに接しています。
アンデスの風支援基金では、これまで積み上げてきた経験と実績に基づき、可能なことについては極力協力をしていくことにしています。
学校のみならず一般の社会貢献活動を地道に継続して行っている団体についても、協力をしていくことにしています。
b0076801_19431744.jpg

[PR]

by yamasaki0903 | 2006-11-10 19:44 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)

マカ栽培  新プロジェクトの開始に当たって

b0076801_15173945.jpg

アンデスの風支援基金では、南米アンデス地方に暮す人々の中で、特に恵まれない環境下にある子供たちを少しでも学校に通学させて、安心して勉強を続けさせることを目標に活動を行っている支援基金です。
安心して学校に行って勉強を続けるとはどうゆうことかと言うと、まず勉強するための学校があり先生がいること。学用品が準備できることが受けての側の条件です。
そのために学校を建設したり学用品をプレゼントしたりしています。学用品は主にノートと鉛筆です。
一方で学校に通う子供の家庭の問題ですが、子供を学校に行かせるための経済的な余裕があるのか無いのかが大きな問題になります。
これまでの支援活動はここの所まで踏み込んだ活動をしていませんでした。ほとんどの支援活動がそうです。
しかし、経済的な問題まで考えた支援活動を進めていかないと、子供たちの置かれている状況は何にも変わらないのです。
学校が出来ても通えない子供はいつまでも通えないのです。
ここの所を、解決して行こうと言うことで開始したのが、新しいプロジェクトのマカ栽培による支援活動です。
2006年9月からマカの種蒔きが始まります。
どうかこの支援活動に賛同していただける方はぜひ参加してもらいたいと思っています。
いろんな形での参加が可能と思います。
これまでの支援基金ページ履歴をもう一度振り返って読んでみてください。
b0076801_15183548.jpg

[PR]

by yamasaki0903 | 2006-08-19 15:18 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)