-

1945年8月9日、午前11時2分 長崎市浦上の上空でさく裂した原子爆弾によって瀕死の状況下で僅かに生き残った山王神社のクスノ木の廃材が72年後に彫刻家によって平和を叫ぶバイクとなって甦りました。
全国原爆被爆者協議会(被災協・長崎)の事務所入り口正面に寄贈設置されて、今後長崎の被災地跡を訪れる国内外の方たちに無言の平和への訴えをしていく事になります。
b0076801_10215482.jpg




iPadから送信
[PR]
by yamasaki0903 | 2017-11-20 21:36 | 公演スケジュール | Comments(0)

昨年8月全焼した萌木の村のメイン施設で、全国的にその名が知れ渡り全国の多くのファンの人たちが愛し続けるレストラン「ROCK」が、2017年6月9日(金)に見事にグランドオープンし復活しました。
今年も8月19日(土)からテーマパーク「萌木の村」でコンサートを開始します。
昨年はレストラン「ROCK」での演奏はできませんでしたが、舩木上次 村長始めスタッフ皆さんの強い心意気と全国の多くのファンの方々の思いで,再び「ROCK」での演奏が実現します。
b0076801_23354144.jpg

b0076801_23363738.jpg

[PR]
by yamasaki0903 | 2017-07-13 23:37 | 公演スケジュール | Comments(0)

b0076801_1151918.jpg
アンデスの風のH.P、ブログへアクセス戴きありがとうございます。
九州地区へ入り10日余り経過しました。
10/29(土)長崎県松浦市文化会館でのコンサートを皮切りに、順調にコンサート活動を行っています。
来日後2か月間関東地区でのコンサート活動が続いていたために、九州の皆さんは首を長くして待っていただいていました。その気持ちが各会場に来て戴いた皆さんから異口同音に発せられています。誠にありがたく感謝の気持ちでいっぱいです。
可能な限り各会場に足を運んでいただきたいと思っています。

11月第1週、2週(1日~11日)は、スクールコンサートが続いています。
幼稚園、小学校、中学校のスクールコンサートは13年間連続して多くの全国の学校で開催しており、
児童、生徒たちとの触れ合いは常に新鮮で情熱的なパワーを感じます。
スクールコンサートでは音楽の一方的な鑑賞ではなく、子供たちを参加させる両面通行の音楽鑑賞会です。
各学校それぞれの特徴を生かしたコンサートになっています。またコンサート以外でも子供たちと触れ合う時間を学校側に提供していただき、末永く思い出に残る一日になっています。
また、楽しく感動的なアンデスの音楽の一方では厳しいアンデスの自然条件の中で暮らし続ける人々、学校にに行けない子供たちがいまでもたくさんいる事、学用品を買えない子供も沢山いる事、そのために、これまで多くの日本の子供たちが、使い古しの学用品を沢山寄贈してくれている事なども話しています。
インカニャンの日本における演奏活動の特徴は、南米アンデスの民族音楽を演奏することだけが目的ではありません。現実の厳しい状況下にあるアンデスの人たちの暮らしや、生活、子供たちの置かれている生の現状を知らせて、世界には日本の子供達みたいに毎日学校で勉強できる状態が決して当たり前の事ではない
ことを知らせることも大切な目的であることを話しています。
全ての学校でのスクールコンサートは平和教育を目的としたコンサート活動になっています。
都道府県、市町村、各教育委員会主催によるコンサート開催を沢山依頼される背景には、実績に基づき
平和教育に根ざした活動を評価して戴いているからこそできるスクールコンサートなのです。
b0076801_11413858.jpg

b0076801_1143532.jpg

[PR]
by yamasaki0903 | 2016-11-08 11:35 | 公演スケジュール | Comments(3)