アンデス支援基金、4校目学校建設支援情報

2019年(平成31年)も、はや3週間を経過しようとしています。
暦の上(24節季の上)では一年の内、最も寒い時期とされる大寒を迎えました。
いつも、アンデスの風HP・BRGにアクセス頂き誠に有り難うございます。
お礼申し上げます。
今日は、『アンデスの風支援基金』による4校目の学校建設について情報提供を行います。
現地より昨年の暮れに重要な情報が入って来ました。
建設予定をしているペルー共和国・クスコ県カルカ地区の小学校建設に対して
ペルー国政府が全額建設資金を出してくれることが決まったと言う情報です。
『アンデスの風支援基金』が4校目の学校建設寄贈を開始しようとしていた時に、ペルー共和国政府(行政機関)が具体的に動いてくれたことになります。
30年以上に亘って継続して行ってきたアンデス支援基金の活動実績が国の行政機関を動かしたことは、
この上なく非常に喜ばしい事です。

その後の情報で、同じ敷地内に予定している幼稚園児対象の校舎建設と中学校建設が必要との事でしたが、現地の校長先生はじめ子供の親たちが、今一番望んでいる事は幼稚園児の校舎の支援であると言う事が分りました。
アンデス支援基金が予定していた小学校が国の資金で2年以内に着工することになった事により
当初予定していた小学校建設寄贈の予定を変更し検討したいと思います。

よって、2019年5月末から6月初旬に予定していたペルー・クスコ県カルカ地区での学校建設のセレモニー(起工式)については一端白紙に戻し変更後の建設寄贈が具体的に判明した後、改めて全てのスケジュールを考えたいと思っています。
なお、変更後の同地区における幼稚園児の校舎建設の可能性も含めて、既にペルー・クスコ在住の建設設計事務所を通じて建設の青写真の作成を依頼しています。
日本全国の沢山の皆様から支援を頂き、学校建設を中心とした活動を進めている事もあり
今後、方向転換による建設スケジュールの工程が判明次第、可能な限り情報の提供を行い共有化しながら支援活動を引き続き継続して行きたいと思っています。
悪しからずご理解を頂ければ幸いに存じます。
これからもご支援の程、宜しくお願い申し上げます。

2019年1月19日(土) アンデス支援基金 代表 山崎和幸

【追伸】
下記の文面は建設予定のカルカ地区の基本情報と小学校建設が国の資金拠出で
2年以内に着工されるという情報の文面(本文と翻訳)です。

このメール全文は《アンデスの風支援基金による4校目の学校建設》に対し、特に支援して戴いている方々、企業、慈善団体には別途メールにて送信させていただいています。

b0076801_1192815.jpg





Hola sr Yamasaki saludos cordiales para usted y su familia Aquí tengo algunos datos del colegio
1.- El centro poblado es: comunidad campesina de Pampallacta alta. Distrito y provincia de calca. 3600 msnm.
A una distancia de 48 Km de Cusco a calca y de calca a pampallcta 14 Km
2.- nombre del colegio: I.E n.50187 san jose de pampallacta_calca 3.-La institucion es integrada tiene tres niveles: inicial primaria y secundaria, actualmente estan matriculados:
-Inicial 28 alumnos.
-Primaria 115 alunmos.
-Secundaria 78 alumnos.

【翻訳】
山崎さん、こんにちは。
ここで私は学校のいくつかのデータを送信いたします。

1.-人口が集中している中心地は、次のとおりです。
PampallactaAltaの農民コミュニティ。 クスコ県カルカ地区。 海抜3600メートル
クスコから48 kmの距離で、decalからpampallctaまでの距離14 Kmの所に位置します。

2.-学校の名前:I.E n.50187(この記号番号はペルー国が承認している学校の公認番号です) san jose de pampallacta_calca《サン・ホセ パンパヤクタ カルカ》

3. - 統合された機関は3つのレベルを持っています
:最初のプライマリ(小学校)とセグンダリア(中学校)が現在登録されています:
- 初期(幼稚園児)28名の子供
- 115 人(小学生)alunmos。
- 78人の中学生






日時: 2018年12月29日 4:21:46 JST
宛先: ymsk-0903@ezweb.ne.jp
件名: Informe de reunión con director de colegio Hola sr Yamasaki, saludos cordiales para usted y su familia

1.- ayer le envié a su email canciones para que usted pueda seleccionar espero que haya recibido mensaje.

2.- día jueves 26 de diciembre tuve reunión con director del colegio junto con profesores para informar sobre la construcción de colegio Entonces ahí me enteré que el gobierno construirá un colegio valorizado en 2 millones de soles equivalente a .....
( 700,000) setecientos mil dólares
La construcción que el gobierno está dando es para el colegio primario

3.- entonces conversando con director, profesor y padres de familia, la necesidad de construcción sería del nivel inicial, ahí observamos la falta de aulas para los niños, ahí si sería necesario la construcción

4.- en cuanto al nivel secundario están con aulas temporales y posible que más adelante en futuro el gobierno también construir un local para nivel secundario

Le informo todo para saber su opinión
Y le envío fotos de reunión

【翻訳】
学長との会見報告
山崎さん、こんにちは。

1.-昨日、私はあなたがメッセージを受信したことを確認してこのEメールを送ります。

2.- 12月26日木曜日、私は学校の建設について知らせるために教師と一緒に学校長と面談しました
それから私はペルー国政府が200万(ソーレス)で評価された学校を建設することを知りました.....
7万ドルの建設資金です。
政府が与えてくれる建設は小学校のためのものです
3.-それから校長、教師および子供たちの両親と話して、建設の必要性は最初のレベル(幼稚園児)であること。
それで建設が必要であると言うので、我々は子供たちのための教室が本当に欠如しているのかを観察しに行きました。
4.-中等教育レベル(中学校)に関しては、生徒たちは一時的な(仮の)教室にあり、将来的には政府がまた中等教育レベルの場所を建設する可能性があります。

私はあなたの意見を知るためにこれらの事をお知らせします。





2019年1月18日(金) 23:06 kazuyuki yamasaki :
5.- en el tema de la construcción del colegio estuve en una reunión con director y me informo que el colegio primario se sera construido en un plazo de dos años, es lo que el gobierno programo y no sera necesario la ayuda

la ayuda que ellos necesitan segun me informa el director es para el colegio inicial kinder en el kynder no tienen buena infraestructura es muy pobre entonces el director me dice que si es posible la ayuda seria para colegio inicial kinder ahora en estas fechas de enero y febrero no se puede hacer nada porque toda entidad educativa esta de vacaciones yasumi hasta final de febrero en marzo ya se podría planificar cualquier construcción


【翻訳】
5 - 学校の建設の問題については、校長先生との面談で、小学校は2年以内に着工されることを通知してくれました。
小学校の建設についてはペルー国政府からの全額拠出が決定したので私たちの支援の必要性はなくなりました。

校長先生の話によると,小学校の建設についてはすべて政府がお金を出してくれるので、
必要とする援助は初期の幼稚園の建設資金をお願いしたいと言う事です。
現在の校舎は、それは非常に貧弱なもので、ディレクター(校長)は可能であれば初期の幼稚園学校のための
支援を強く望んでいる。
今、1月と2月のこれらの日は長い休みの期間に入っているので何もすることができません。


b0076801_11142523.jpg

by yamasaki0903 | 2019-01-19 11:14 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)