「INKANAN」の名前の由来 その③

インカの第一代皇帝【マンコ・カパック】についてのもう一つの伝説について書きます。
現在の南米アンデスの中央部、ペルー共和国の南部でボリビア共和国との国境にもなっていて日本の琵琶湖の12倍の広さを持つ「チチカカ湖」の名前は皆さんもご存じだと思います。標高3800mの高地にあるチチカカ湖にある(太陽の島)でマンコ・カパックとその姉妹が太陽の神によって誕生したという伝説があります。当時先住民族のインディオ達は野蛮な生活をしていたので、太陽の神は彼らに人間の生活の仕方を教えるように命じました。マンコ・カパックは姉妹を伴って太陽の神の教えに従い、黄金の杖を持って北へ向かって旅に出ました。何日も何日もつらくて厳しい毎日の旅でした。ところがクスコの谷に入って、黄金の杖を地面に投げると、杖は見る見るうちに地中へ沈んでしまったのです。
太陽の神が言った「豊かな土地、都を創るべき土地」に来たのだと彼らは思ったのです。
マンコ・カパックたちは先ず仮の住居を作り、住民に農業を教え、姉妹たちは織物を教え、そして、この地に人間らしい生活が始まることになったのでした。
地球上における文明の発生時についてはすべてそうであるように初代の権力者(部族長、王、皇帝)と言われる人の存在は決まって漠然としたものがあり諸説が入り乱れてハッキリしない場合が多々あります。インカ帝国の初代皇帝と言われる【マンコ・カパック】の存在も真に他の文明の始祖たちと同じように漠然としています。
したがって、存在したのかどうかの物証(ミイラなど)が発見されていない以上は架空の人物(伝説の人)だったとして見るのが妥当だと思われます。
しかし、長いインカ帝国の歴史の中で、言い伝えの人物として初代皇帝【マンコ・カパック】の名前はアンデスの住民(インディオ)の間で受け伝えられてきた初代皇帝であり初期の頃に作られていった公道が「インカニャン」ではなく「カパックニャン」と呼ばれていたのは年代記録者(クロニスタ)によって幾つも記述されています。
「インカニャン」の当初の頃の呼び名は「カパックニャン」だったようなので、皆さんも今年からインカニャンをカパックニャンと親しみを込めて呼んでみられてはいかがでしょか。
インカ文明は初代の皇帝【マンコ・カパック】から始まり13代皇帝《アタワルパ》まで続きました。
2代目の皇帝から11代目の皇帝までの歴史はとても面白いものがあります。特にインカ帝国を強力にして、そして拡大して行ったのは、第8代皇帝《アツン・ツパック・インカ》の時代からだと言われています。
次回の記述はインカの8代以降の皇帝について触れてみたいと思います。
b0076801_21382611.jpg

[PR]
by yamasaki0903 | 2018-02-27 21:38 | HP.ブログの読者のページ | Comments(0)

アンデスの風より コンサート・国際貢献活動情報をお届けします。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31