1945年(昭和20年)8月9日午前11時2分、人類史上2番目の原爆被爆地となる長崎市では、浦上地区を中心地とした市内ほとんどの地域にわたり原子爆弾の強烈な熱風が閃光と共に轟きました。
7万名以上の人々が大量殺りく兵器によって一瞬にして灰の藻屑となり、この世から命を奪われてしまったのです。長崎市に投下された原子爆弾は三菱兵器工場上空めがけて投下されましたが、皮肉にも日本におけるキリスト教の聖地である浦上天主堂の上空で炸裂することになるのです。
同じキリスト教徒であるアメリカ人が、日本のキリスト教の聖地、浦上の丘に原子爆弾を落としてしまったのです。
日本におけるキリスト教の歴史は戦国時代にフランシスコ・ザビエルが種子島に漂着し鉄砲を紹介し、その後織田信長に謁見した時から布教活動が始まります。その後豊臣秀吉の時代になり禁教令が発布されキリスト教を信仰することが禁止されます。徳川家康が天下を統一し江戸幕府が体制を強化する過程においてキリスト教の弾圧はより厳しいものとなっていくわけですが、にも拘らず信仰を守り続ける人たちは身を賭して教えを守ろうとします。270年間続く徳川幕府の時代に在っては、4回に亘る大掛かりなキリスト教狩りで棄教する者、殉教した敬けんな信者がたくさんいました。このような弾圧を受けながらも教えを守り続けた人たちが浦上地区には根を張って生き続けていたのです。
長く続いた幕藩体制が終わり時代は明治へと移っていきます。新しい日本の夜明けとともに禁教令は解かれ
長崎市南部にある外国人居留地大浦地区にフランス人による教会が建立されます。これが大浦天主堂です。密かにキリスト教の教えを守り続けてきた浦上地区の隠れキリシタンがフランス寺(大浦天主堂)に出会い、神父にキリスト教徒であることを告げることで日本におけるキリスト教が復活していくのです。
明治、大正、昭和と日本におけるキリスト教は長崎県下(五島列島、平戸、生月島)はじめ熊本県(天草地方)
大分県、山口県から全国に信者を広げていきます。
ところが、冒頭に書いたように、1945年8月9日11時2分、日本におけるキリスト教の聖地、浦上の丘上空
に同じキリスト教徒であるアメリカ人によって原子爆弾という強烈な非人道兵器により一瞬にして町は焼かれ、教会、そして浦上の信者はほとんど亡くなってしまうのです。
徳川幕府以降4度に亘る大きなキリスト教徒刈りで崩れてしまった浦上の丘で、5度目のキリスト教徒刈りが原子爆弾という形で行われてしまったのです。これを「浦上5番崩れ」と呼ぶ人もいます。

(続く)
[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-03-18 11:57 | アンデスの風からの最新情報 | Comments(0)

アートたけし展のご案内

ビートたけしのアートが100点  
「アートたけし展」についてご案内します。
2017年3月10日(金)~4月16日(日)
長崎県美術館 県民ギャラリー 開場時間10:00~18:00(最終入場は17:30まで)
主催=長崎新聞社 ncc長崎文化放送 長崎県美術館 共済=アートたけし展実行委員会

歴史に残るギャグコマネチでお茶の間を賑わせ、ある時はたけし軍団を引き連れ、そしてある時は鋭い切り口で時評を語る漫才師 ビートたけし。お笑いにとどまらず俳優としても活躍し、1989年には北野武として映画監督デビュー、ベネチア国際映画祭での金獅子賞やフランスの芸術文化勲章コマンドールを受賞して世界のキタノと称されるビートたけしがアートに挑戦します。版画、絵画、コラージュ作品約100点を初公開します。童心にかえり、思わず笑ってしまいそうになるユーモアにあふれる作品をお楽しみください。(文、案内チラシより抜粋)
ncc長崎文化放送、社会貢献活動 チャイルド21スペシャルキャンペーンでお世話になっているnccからの
お誘いです。
招待券3枚に限りアンデスの風経由にてプレゼントいたします。(電話にてokです)先着順にて終了します。
b0076801_637475.jpg

[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-03-10 06:38 | アンデスの風からの最新情報 | Comments(0)

アンデスの風、HP,BRGにいつもアクセス戴きありがとうございます。
「被爆柿の木」の植樹活動を通じて世界平和、原爆許すまじの活動をされている人たちの事を皆さんご存知でしょうか。広島、長崎に居住されている人たちはお聞きになった方が多いかと思います。

昭和20年8月9日、長崎市浦上上空に投下された1発の原子爆弾で一瞬にして7万人以上の方々がなくなりました。その後70年間に直接被爆者の方で亡くなられた人が7万人以上いらっしゃいます。
これまでに15万名以上の方が一発の原子爆弾のために命を落としています。
広島にあっては長崎の倍以上の方がなくなっています。

原子爆弾で被害を受けたのは人間だけではありません。すべての生き物が原爆投下によって焼け死んだり
被爆の影響を受けながらも何とか生き延びてきました。このような中で原爆投下中心地から1kmも離れていないところにあった1本の柿木も原爆によって大きなダメージを受けましたが、かろうじて生き残りました。
原爆投下後長い間この柿木は実を付けることがなく、毎年少しずつ木の勢いがなくなっていましたが、持ち主の献身的な施しと樹木医の方の施しで勢いを取り戻し、再び秋には沢山の柿の実を着ける様になって甦ったそうです。それ以降この柿の実が付ける柿の種を畑に植えて、数年間かけて苗を育て、この苗を日本はじめ世界の各都市に植樹を行い、平和を訴え原爆廃止の活動を続けている方がいます。

樹木医の海老沼正幸さんです。海老沼さんは長崎市内にある山王神社の片足鳥居の山門に植えてある樹齢百数十年にもなるクスノ木を蘇らせた樹木医として有名な方です。近年歌手福山雅治の「クスノキ」で有名になったあのクスノ木です。
また、被爆によって学童と先生のほとんどが即死した原爆中心地から西へ500m行った所にある城山小学校の「嘉代子桜」を蘇らせた方としても知られています。この桜は原爆投下時に学童動員として学校の外で仕事をしていて被爆し、その後亡くなった林嘉代子さんをしのんで植えられた桜の木でしたが、風雨にさらされて枯れかかっていたこの木を海老沼さんの力で蘇らせたことで有名になった桜の木です。

樹木医、海老沼さんは、3月中旬からイタリア、ポルトガルに「被爆柿の木2世」の植樹で渡航されます。

海老沼さんには数年来、アンデスの風の支援活動とインカニャンの音楽活動に家族の皆さんで強い関心を持っていただいています。昨年からは特に支援活動についての情報交換を密に行ってきました。
2018年5月に照準を置いて、私にとって4校目になる南米アンデス高地への学校建設に歩調を合わせていただき、中南米では初めてになる「被爆柿の木2世」の植樹を同時に行おうという企画を作って頂きました。

21世紀を担う子供たちのへの教育環境整備支援活動と、非人道的な被爆2世の遺伝子を引き継いでいる被爆柿の木の植樹活動を同時に行う事で、平和の尊さを唯一の被爆国から訴えて行こうというものです。
既に、この活動の合体については数社のメディアの関心となり、先月から大まかな情報の提供と今後の取材等の進め方について交渉を行っています。
樹木医、海老沼さんが4月上旬にヨーロッパから帰国されるのを待って徐々に具体的なことが決定されていくと思います。
アンデスの風のブログにおいてもアクセス戴いている皆さんには、一般の方よりも早く情報を流していきたいと思っています。
昨年まで以上に4校目の学校建設については皆さんと一緒に実現へ向けて活動を進めて行けたらとてもありがたく嬉しいです。ご協力ご支援をお願い申し上げます。


(続く)
[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-03-07 17:31 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)

学校法人向陽学園理事長、烏山英也氏が2月23日死去されました。
享年79歳の見事な人生でした。
これまで幾度となく病魔に襲われ体の自由をほぼ奪われた状況の中でも持ち前の強靭な精神力とポジティブな人生観で常に人に優しく笑顔を絶やさず学園発展のため頑張ってこられました。私の高校の大先輩でもあり、弁護士を目指して中央大学法学部へ現役で合格され卒業されましたが卒業後お母様が理事長をされていた学園の助教諭の職に就かれ数年間の教鞭の後、昭和57年4月より後を継がれて理事長に就任されました。長きに亘り長崎県内の私立学校はもとより全国私立学校の発展にも寄与された大事な存在の方でした。
告別式で初めて分かったことですが、35年前私が社会人になりたての頃、東京で仕事をしている時に高校の先輩で駆け出しの弁護士との出会いがあり、とても親切にしていただいた方がいます。この弁護士の方と烏山理事長は高校の同級生で二人とも弁護士になるために中央大学法学部へ進学されて以来ずっと親交を温めて来られたとのことでした。
思わぬ所で繋がっていたことに改めて人と人とのつながりの不思議さを感じています。
面会のアポをいただき訪問した時はいつもにこやかな表情で理事長室に迎へ入れてもらいました。「演奏グループのインカインカニャンはいつ来るの」「今年は高校でコンサートをしましょう」「来年は新しい学科と学院の新設で大々的に記念行事をするから予定してくださいね.」毎日、ひっきりなしに来校する訪問客と面会をこなされ、体が不自由な人とは思われないほど精力的に対応されていました。
時には「山崎君、来週夕方から長崎市内に行くから夜食事をしましょう」とか「イタリア料理店で予約を取っておくから昼過ぎに来てください」など、何度も食事に誘っていただきました。西洋音楽がとても好きな理事長先生で、海外の民族音楽にも造詣が深くフォルクローレにもとても関心を寄せていただきました。
かけがえのないとても大事な尊敬する方を失いショクを隠せません。
この数年私にとってとても大事な人生の先輩を亡くしています。
とても辛いです。
立ち直るきっかけを早く見つけなければいけません。
烏山理事長先生安らかにお眠りください。
ご冥福をお祈り申し上げます。
b0076801_1411872.jpg


b0076801_1413714.jpg

[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-03-03 13:56 | アンデスの風からの最新情報 | Comments(0)

アンデスの風のHP・BRGにアクセス戴いている皆さんこんにちは。お変わりありませんか?
2月も月末になりました。春の到来もそれほど遠くはないと思いますが、一日の寒暖の差はまだまだかなりの開きがありますので体調の管理には十分注意されて体調を崩さないようにしてください。

今日は、ある絵本の紹介をしたいと思います。5年前からインカニャンンと演奏の舞台で一緒にコラボをしている新進気鋭のピアニスト久保山菜摘さんの、音楽と平和活動を綴った「なっちゃんの大冒険」の絵本が出版されました。今般絵本の出版に先立ち2015年5月に「なっちゃんの大冒険」の本が出版されたことをご存知の方も多いかと思いますが、この本をコンパクトに分かりやすく、小さな子供にも理解できるようにまとめたのが今回の絵本です。
ピアノを習っている子供たちへの素晴らしい教本として見ていただければ参考になるところがとても大きいと思います。
(定価1500円+税)のところを 1200円で斡旋いたします。(ただし10冊限定です。)
購入後希望の方はアンデスの風支援基金:電話 0959(37)5340、山崎迄ご連絡ください。
b0076801_13435783.jpg
b0076801_13443067.jpg

[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-02-25 13:45 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)

2017年度版、インカニャン来日記念アルバムを今年も制作いたします。
昨年、一昨年同様、アルバムに収録する曲数は13曲~15曲を予定しています。
構成については、フォルクローレの名曲やこれまで全国で開催したコンサート会場で好評を博した曲、既に売り切れで当面増刷の予定がないアルバムの中から、もう一度聞きたいと言う要望が多かった曲もリリースしたいと考えています。そして既存のフォルクローレの曲で日本ではあまり知られてない曲も紹介したいと思っています。インカニャンのオリジナル曲ももちろん収録いたします。
また、CDジャケットデザインについては、これまで幾つかのパッケージデザインでとても好評だったプロのデザイナーにお願いをしています。今年のアンデスの風のテーマ「平和への願い」そして(身近かな幸せ)を感じられる時代でありますようにとの願いを込めたデザインに仕上がると思います。楽しみにお待ちください。
[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-02-13 17:26 | CD・DVD に関係するページ | Comments(0)

アンデスの風HP・BRGにアクセス戴いている皆さんこんにちは。
立春が過ぎた後の厳しい寒波の一週間でしたが、その寒波もやっと抜けて今日(2/13)の昼間は春の訪れを感じさせる日和になりました。皆さんの体調はいかがですか?インフルエンザがまだ全国的に流行している最中でもあり、引き続き体調管理には十分気を付けてお過ごしください。

私も長崎県人の一人として全国の皆さんに長崎の冬の大きな祭り(イベント)を一つ紹介したいと思います。
今年も1/28(土)~2/11(土)までの15日間に亘り長崎市内、新地中華街を中心として「ランタン祭り」が開催されました。
この祭りは、中国福建省出身の華僑の人たちが、旧正月(春節)を祝う行事として毎年行っていたものを1994年から規模を拡大して長崎の冬の風物詩として祝うよになり全国にも知られるようになりました。
期間中長崎市内は中国提灯(ランタン)に火が点りその他、様々なオブジェが飾られて長崎の町は中国一色になります。
毎年100万人前後の観光客が日本全国、そして、クルーズ船を利用して欧米、東南アジア、中国、台湾の観光客が訪れる様になり、10万トンクラスのクルーズ船が毎日のように入港し今年も大変な賑わいで15日間のランタンが開催されました。

期間中沢山のイベントも開催されましたが、その中で最も有名なイベントは「皇帝パレード」です。
期間半ばとと最終日に開催される皇帝パレードでは、今年も長崎に関わりのある芸能人やスポーツ選手が皇帝役を務めました。半ばでの皇帝役は歌手、俳優の武田鉄矢さん、最終日の皇帝役はアメリカ大リーグ、シカゴ・カブスに所属していて、かって福岡ダイエーホークスで活躍していた鹿児島県姶良出身の川崎宗則さんでした。また、皇后役では長崎県出身のフジテレビアナウンサーが大役を務めていました。
来年以降、読者の皆さんもこの時期に長崎に来ていただき「ランタン祭り」を楽しんでいただきたいと思います。
b0076801_16495676.jpg
b0076801_16503275.jpg
b0076801_16522930.jpg

[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-02-13 16:52 | HP.ブログの読者のページ | Comments(0)

2月になりました

2/3は節分ですね。そして、2/4は立春です。暦の上ではいよいよ冬から春へと移行していきます。
節分の風習は日本では「鬼は外、福は内」の豆まきですが、最近では恵方巻き(巻き寿司)を鬼の金棒に見立て、その年の恵方(福の神がいる)方角に向かって願い事をしながら食べる風習が多くなってきています。
因みに今年の恵方は北北西又は北の方角です。
恵方巻の風習については、異議を唱える人も多くいますが、バレンタインのチョコレート、お返しのマシュマロデー、クリスマスのケーキも全て仕掛け人がいて、流行っていくものと数年で消えていくものなどたくさんあります。365日何かの日が定められていますから、そこは其々で楽しめればいいのかもしれません。
現在、全国的にインフルエンザが猛威を振るっていますが、皆さんの体調管理はいかがでしょうか?
一昨日、主治医の先生と夕食をともにしながら聞いた話では、この日病院に見えた患者の半分はインフルエンザだったそうです。体調維持には十分気を付けながら寒い冬を乗り切ってください。

アンデスの風では、現在2017年度新作アルバムの準備を進めています。
概略を申し上げると、大きなタイトルは昨今の世界の状況等を鑑みより強く「平和への願い」を発信していこうと思っています。平和な世界の中でそれぞれの人々が「身近な幸せ」を感じられる毎日でありますようにのと願いを込めてメインタイトル、副題にしました。
パッケージの中身については、多くの方々から収録されている曲の歌詞(含日本語訳)を可能な限り載せてほしいと言う要望がありますので対応したいと思っています。
収録する曲目についてはほぼ調整が出来ましたので、オリジナル曲も入れた構成になると思います。
また、今年度のコンサート・スケジュールについてはスケジュール表に随時記載をしていますので
時々チェックをしてください。よろしくお願いいたします。
[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-02-03 13:41 | アンデスの風からの最新情報 | Comments(0)

アンデスの風HP・BRGにアクセス戴いている皆さんこんにちは。
今日は大寒です。まさしくいま日本には大寒波が押し寄せてきています。
皆さんも寒さに負けない体力の温存のために毎日の生活の中で快眠、快食、適度な運動を心がけて病気に負けないように体調管理をしてください。

今日は、とてもうれしいメールをいただきましたので皆さんに情報開示をしたいと思います。
数年前にスクールコンサートを開催した学校に通う児童からのお便りです。

こんばんは。( ^ω^)・・・です!
今日、音楽の時間に「世界の音楽」
というのをやりました!
5つ紹介されているうちの1つに、
「ペルー・フォルクローレ」とのっていました。
みんなは、それを見ると「インカニャンみた~い!」
などと言っていました!みんなインカニャンのことを
覚えていました!!!インカニャンが・・・・小学校に
来た時休んでいた子も、知っていました!
(テレビのCMで見たことがあるそうです!!)
中学生になると、忙しくなるので、たくさんのインカニャンのコンサートに行けなくなるかもしれませんが
今年もインカニャンのコンサートに行けることを
楽しみしてにいます!!
                      原文のまま

スクールコンサートは全国で開催していますが、何年経過しても子供たちの記憶の中には
その時の楽しかったコンサートの思い出がいつまでも鮮明に残っているそうです。
アンデスの風のツアーバス「マチュピチュ号」を見つけては声をかけてくれる人がいます。


                  
[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-01-20 13:32 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)

アンデスの風・brgにアクセス戴いている皆さんへ

寒中お見舞い申しあげます。

24節気の小寒から大寒を経て立春までの約1か月の間が一年の間で最も寒い季節と言われていますが、
まさしく全国的に寒波に覆われて日本海側では大雪になっています。
青森、山形、新潟、富山、福井石川、兵庫、鳥取、山口に至る日本海に面する特に山あいの地区では積雪が2mを超えているところが沢山あります。
今回の寒波が押し寄せてくる10日程前までは、福井県と、新潟県にお住いの支援者の方からの電話では雪は例年よりも少ないですよ、と言う事でした。その後強い寒波が日本列島に押し寄せてきて、上記の地域ではすでに優に1m~2mの積雪になっているようです。
特に新潟県の中でも少し内陸に入った豪雪地域の十日町市に住まわれている支援者の皆さんは、この時期毎日が雪との葛藤の連続で生活にも支障が出ているとの事。
積雪の大変さ、怖さを知らない九州育ちの者にとっては想像すらすることができません。
毎年のこととはいえ、体調を壊すことなく元気で厳しい冬を乗り切ってほしいと思います。

2017年のフォルクローレconcertについては、現在順調に様々な準備が進められています。
新しいオリジナルの曲作りやCD制作に必要な曲の選考についても、埋もれている名曲や現在アンデス地方でよく演奏され聞かれる曲の中からバランスのとれた選曲をして、日本の皆さんに紹介をしたいと思っています。
また、アンデスの風支援基金の活動については。2018年5月を目途に4校目の学校建設を推進することを決定しましたので、改めて気持ちを引き締めて沢山の方々に支援のご協力をお願いしてまいります。
年明けの第一弾は、1月27日(金)、アクロス福岡シンフォニーホールで開催される九州国際フェスティバル
主催「九州ガンバレ」・熊本震災チャリティーコンサートに参加してきます。
大勢の仲間と一緒に集い、アンデスへの4校目の学校建設寄贈支援も呼び掛けてきます。
b0076801_10553313.jpg

[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-01-19 10:45 | アンデスの風からの最新情報 | Comments(0)

2017年度、(有)アンデスの風・アンデス支援基金の統一標語が決定しましたのでお知らせします。

EL DESEO POR LA PAZ (平和への願い)です。

アンデスの風は南米アンデスへの支援活動を目の見える形で30年以上に亘り行っています。
この間、様々なプロぜクトを行って来ていますが、活動の基本理念は一貫して「世界中が平和で、その加護の基に、人々がそれぞれの幸せを追求できる世界を」と言う事を訴えています。
しかし、現実の世界の動きをみると近年平和に対するほころびが至る所で発生しています。
世界はより危険な方向へ向かって動いています。
それでも、人々が幸せに生きていくには争いが起こらないように発信をしていかなければなりません。
アンデスの風は、幸いにも支援活動とコンサート事業を通じて内外を問わずメッセージを発信をして行く術を持っています。その上、形としての実績をたくさん有しています。
継続して平和と幸せを求めていく基本理念の中で、改めて2017年度
EL DESEO POR LA PAZ(平和への願い)を統一標語と設定して、身近な幸せ「FELIZ FAMILIARIZADO」をいつまでも感じられる世の中でありますようにとの思いで、2017年度の標語を設定いたしました。
今年のコンサート、支援活動、様々なプロぜクトの中で発信(告知)していきます。
[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-01-02 16:58 | アンデスの風からの最新情報 | Comments(0)

2017,年始ご挨拶

アンデスの風ホームページ・BRGにアクセス戴いている皆様へ

2017年始に当たりご挨拶を申し上げます。
(有)アンデスの風、アンデスの風支援基金、そして演奏グループ「インカニャン」を毎年応援して戴いている皆様へ新年のご挨拶を申し上げます。
2017年が新たに始動いたしました。
皆様におかれましては健康で幸せに満ちた新年を迎えられた事と拝察いたします。

皆様の温かい真心を戴き続けて、昨年まで多くの方々にご支援を戴いて来ました。
2016年はインカニャンコンサートに関する事業については、演奏地、演奏回数、入場者数等、全ての項目で新記録を樹立することが出来ました。ひとえに日本全国で応援いただいた
皆様一人一人のご支援のたまものと思っています。深く感謝しお礼申し上げます。
ありがとうございました。

昨年までの実績を基に2017年度は一層の事業展開と支援活動で、ハッキリと目に見える実績を確立したいと考えています。
昨年までに出会った人たちとの交流も含めて、大きな話題を提供できる事柄が今年は起きて来そうです。
30年以上に亘って継続してきている支援、貢献活動が、改めて日本全国の心ある温かい大勢の人々の行動に火をつけました。
この一年間、確実になった事柄から、可能な限り応援して戴いている皆様へ情報公開していきたいと思っています。
年初にあたり、まず南米アンデスへの支援事業の中で4校目の学校建設を2018年5月に照準を置いて具体化していきます。
皆さんのより一層のご支援をお願いしたいと思っています。
2017年も引き続きよろしくお願い申し上げます。

2017年(平成29年)   元旦  (有)アンデスの風・アンデス支援基金
                              代表 山崎和幸
[PR]
# by yamasaki0903 | 2017-01-02 15:46 | アンデスの風からの最新情報 | Comments(0)

2016年度「インカニャン・コンサート」は12月19日(月)をもって、すべてのスケジュールが終了いたしました。今年も4か月間の滞在期間中、各都府県において95ステージの開催をこなしてきましたが、各開催会場においてたくさんの方々に視聴、応援、支援を戴き充実したコンサート開催を行う事が出来ました。その結果、全ての面で新記録を打ち立てることが出来ました。
関係して戴いたすべての皆さんに感謝しお礼を申し上げたいと思います。
本当に1年間お世話になりました。ありがとうございました。
また、アンデス支援基金の活動も順調に推移しており、2017年度中には4校目となるアンデス山脈4000mを超える地域に建設予定地を設定して具体的な建設スケジュールに入ることにしています。
その他のプロジェクト(使い古しの学用品寄贈、音楽文化交流、音楽教育、交通安全教育)についても地道な活動ではあるものの、日本全国からの支援、寄贈を戴きながら継続した活動を行い、その成果も現地で出てきています。
2017年度、2018年度へ向けてより強靭な支援体制と、活動結果を残す年になるよう全力を尽くしてまいります。皆様の引き続き熱いご支援をお願い申し上げます。
2016年のご支援に感謝し、2017年が皆様にとり輝かしい1年となりますよう祈念いたします。
           
[PR]
# by yamasaki0903 | 2016-12-21 10:44 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(2)

2017年度「インカニャン・コンサート」の締めくくりは、地元長崎県大村市にある日本財団発祥の地、大村競艇場イベントホールにて各ステージ(12:40,14:30)其々超満員の300名を超える観客の方々の入場の中で開催されました。毎年恒例の開催にて山口、広島を含む九州各県からインカニャン最後のコンサートに駆けつけていただいた方もいました。心よりお礼申し上げます。
b0076801_956391.jpg
b0076801_9564982.jpg
b0076801_9574465.jpg

[PR]
# by yamasaki0903 | 2016-12-21 09:58 | コンサート・チケット情報 | Comments(0)

大村競艇場

b0076801_1002737.jpg

b0076801_1093585.jpg
b0076801_1052530.jpg

[PR]
# by yamasaki0903 | 2016-12-21 09:45 | コンサート・チケット情報 | Comments(0)

今年も関東地区以西でのスクールコンサートも数多く開催してきましたが、スクールコンサートの締めくくりとして、今年も長崎市教育委員会主催による芸術鑑賞事業の一環として、締めくくりのスクールコンサートを長崎市立桜町小学校で開催してきました。
スクールコンサート用に7年前に某中学校の美術部の生徒40名が夏休みを返上して、総掛かりで制作してくれた縦6m×横幅8m(48平方メートル)の巨大な垂れ幕を初めて掲示をしてのコンサートでした。
会場の体育館に集合した児童380名と先生方は巨大なマチュピチュとアルパカ、コンドルが描かれた幕にアンデスのイメージを膨らませながらの演奏でインカニャンのハーモニーと歌声、演奏に酔い児童を先生を巻き込んだコンサートに楽しく、そして、いつまでも思い出に残るコンサートに割れんばかりの拍手と歓声を送ってくれました。
b0076801_153417100.jpg
b0076801_15351570.jpg
b0076801_15381542.jpg

[PR]
# by yamasaki0903 | 2016-12-17 15:38 | コンサート・チケット情報 | Comments(0)

12月9日から企画された鹿児島県内でのインカニャンコンサートもすべての会場で盛会裏に終了いたしました。例年企画をしていただいている鹿児島県姶良市公民館ホール(500名)、鹿屋市老人福祉施設でのコンサート、志布志市立図書館ふれあいホール(200名)、鹿児島銀行主催島津ホール、病院でのロビーコンサート、酒造会社での酒蔵コンサートにおいても大勢の方々の入場で盛大なコンサートが開催されました。
終了後、2017年度のコンサートも早々に決定しました。
b0076801_15141131.jpg
b0076801_15145373.jpg

[PR]
# by yamasaki0903 | 2016-12-17 15:15 | コンサート・チケット情報 | Comments(0)

12/1 九州文化塾 出演

12/1(木)福岡市中央区天神のアクロス福岡シンフォニーホール(1850席)にて、第20期九州文化塾(毎日新聞社、RKB毎日放送主催、サンデー新聞協賛)が開催されました。
今回は講師 俳優、歌手、特別矯正監の杉良太郎氏による、テーマ「福祉・思いのままに」の講演がメインの主題です。講演前のコンサートでは、今回インカニャンによる演奏が会場に見えられた1800名の聴衆の前で披露されました。九州文化塾への出演は今回で3回目になります。6年ぶりのアクロス福岡シンフォニーホールでの演奏は真に圧巻の雰囲気の中での演奏でした。アンデスの風の30年に亘る国際貢献活動と杉良太郎氏の長年にわたる福祉活動の講演が九州文化塾の会員で当日会場に見えられた1800名の皆さんの心の中に強く刻み込まれたとのことです。
b0076801_1045721.jpg
b0076801_10503918.jpg

b0076801_15473676.jpg

九州文化塾開演時の写真撮影は厳に禁止されているために演奏時の映像公開はできませんので、開演前のリハーサルの写真を1枚情報公開いたします。
[PR]
# by yamasaki0903 | 2016-12-06 10:56 | コンサート・チケット情報 | Comments(0)

b0076801_1151788.jpg
12/3(土) K&スタジオでインカニャンコンサートが開催されます。
企画・主催:『インカニャンを応援する会』
会場:長崎市琴海形上町大子278-3 k&スタジオ
*会場の道案内
   長崎市内から国道206号線を琴海町長浦を過ぎて形上町へ向かう途中、
     大子(おおご)バス停50m手前を右折して正面に見える大きな建物が、
     K&スタジオです。
     駐車場は建物に隣接した広い駐車場です。(駐車無料。自由に駐車してください)            

 開場 16:00  開演 17:00
チケット 一般前売り 3000円・高校生以下1500円  (当日券は+500円)
前売り券購入先:090-9493-9927(松田様宛)
          又は、 0959(37)5340 (有)アンデスの風事務所 迄


K&スタジオはncc長崎文化放送主催開催されているチャイルド21スペシャルキャンペーン「インカニャン・コンサート」の音響関係全てをを担当して戴いている大御所プロの音響マスター藤田様が、3年前に長崎市郊外(旧琴海町形上大子)に自費で開設された音響と照明設備をフルに備えた素晴らしい音楽ホールです。
昨年に引き続き「インカニャンを応援する会」の皆さんの主催により、12/3(土)、開催されます。
ncc長崎文化放送のコンサート11/27(日)開催済みが冷めやらぬ週末に、再びインカニャンの歌声、コーラスで南米アンデスの世界に戻ってみませんか。皆様のご来場をお待ち申し上げます。
b0076801_11331324.jpg
b0076801_1134549.jpg

[PR]
# by yamasaki0903 | 2016-11-28 11:49 | コンサート・チケット情報 | Comments(0)

11/27(日)長崎市、チトセぴあホール(600名収容)にてインカニャンコンサートが開催されました。
ncc長崎文化放送主催、チャイルド21スペシャルキャンペーン特別企画として毎年開催されているインカニャン・コンサートです。13年目の開催となるこのコンサートには、今年も大勢のインカニャン、フォルクローレファンの方々に入場いただきました(6月よりテレビCMにて放映)。全席指定席にて5か月前から座席券の購入をされた方が多く、年一度のncc主催のインカニャンコンサートを楽しみに待っていただいた方が沢山見えられていました。
限られた2時間の演奏時間ぎりぎりの中で前半・後半、アンコール曲を含めて16曲の熱演に時には感動のあまり感極まり涙を流される方、癒しの音色にうっとりと酔い浸れる方や、パワフルな演奏にリづムに合わせて踊りはじめる方など会場に見えられた方々は其々に2時間のステージに遠く南米アンデスの世界に酔いしれていました。終了後、アンデス支援基金への寄付にも繋がるCD、DVD、楽器、民芸品等を大勢の方々に購入していただき、購入後のサインスペースには100名を超える方々の列で熱気にあふれていました。
b0076801_10334221.jpg
b0076801_10371650.jpg
b0076801_10373096.jpg


2017年度開催も11月初旬の開催です。
日・時が確定次第早々に情報開示いたしますので皆さんの年間行事の中に入れてください。
これからもncc長崎文化放送主催、チャイルド21スペシャルキャンペーン特別企画「インカニャン・コンサート」
を年間行事の一つとしてお楽しみください。
[PR]
# by yamasaki0903 | 2016-11-28 10:38 | コンサート・チケット情報 | Comments(0)