国際貢献活動について

2016年1月1日現在、アンデスの風が取り組んでいる支援活動について概略をお知らせいたします。
1、4校目の学校建設プロジェクト
  国際貢献活動の原点である学校建設については、2005年3校目の建設寄贈(クスコ県ピツマルカ郡区
  ウチュジュク小学校)以来具体化できていません。4校目の候補地については徐々に固まりつつあります。
  次回も教育環境整備が著しく遅れているアンデス山脈の地方の高地(標高4000m前後)が最有力候補   地として考えています。1日でも早く建設着工へ向けての実現化を図っています。

2、使い古しの学用品の寄贈
  1990年から全国の小、中、高校、慈善団体、企業、個人の皆さんから寄贈していただいている使い古し   の学用品については、随時輸送、訪問時の手荷物で届ける活動を行っています。
  それでも寄贈していただく学用品の多さに、今後輸送費の支援について諸団体に検討をお願いしていく必  要に迫られています。

3、交通安全教育
  暴走する飲酒運転の車の事故により、一瞬で奪われた小さな命。あかねちゃんは、わずか10歳でした。   お星さまが大好きだったあかねちゃんは、交通安全の願い星「星になったあかねちゃん」(ステラ・オブ・あ  かね・Ⅿ・エンジェル)となり、今日もお空からみんなの幸せを見守り続けています。【星になったあかね    ちゃん】より。
  深い悲しみを乗り越えたご両親(丸田研二、康子さん)の思いに共鳴して、スペイン語に翻訳した絵本を   使って、アンデスの学校の授業で交通安全教育をこれからも行っていきます。

4、音楽教育
  楽譜を読めないアンデスの子供たちを中心に、日本で寄贈していただいた鍵盤ハーモニカを使って五線   譜の読み書きと演奏の指導を行っています。
  ピアノや、その他の鍵盤楽器を購入できない学校にとっては鍵盤ハーモニカによる音楽教育は新しい音楽  教育の先駆的な役割を担っていきそうです。

5、演奏活動支援
  日本で活動をしているプロ、アマの演奏家の中で、長年にわたり社会貢献活動や国際貢献活動、平和活  動の実績がある方を中心に南米アンデス地域にお連れして、日系社会の皆さんやアンデスの子供たち    にクラシック音楽の演奏や日本の歌を通じて音楽による相互文化交流を継続して行っていきます。

6、フォルクローレ演奏グループの招聘
  アンデスの風が毎年秋季の4か月間だけ開催している、南米アンデス地方の伝統音楽、フォルクローレの  演奏グループによるコンサートを支援活動の一環として引き続き行って参ります。
  これまで開催していない地域(東北、北海道)での開催も積極的に検討していきたいと思っています。
  
*以上の活動概略は、2015年度版CD「INKANAN ORO」の支援活動概略にも記載しています。
  なお、2016年度の新作CDのパッケージ裏面にも記載の予定です。
  引き続き皆様の温かいご支援をお願い申し上げます。
  
[PR]
by yamasaki0903 | 2016-01-19 15:41 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)