<   2006年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ペルの首都リマ国際空港は国際線と国内線は同じターミナルの中にあります。
ペルーの各都市へはほとんどどこに行くにしても飛行機で行くと1時間から1時間30分でいけます。
アンデスの都クスコへのフライトも約1時間です。クスコはアンデス山脈の高い所にあるために1日の時間帯の中で午前中が最も気流が安定しているので、午前中に旅行客はクスコに飛びます。
私達も間違いなく今日のうちにクスコに到着しておきたいので午前10:00出発の便で飛ぶことにしました。昨日、注意事項の中で今朝の朝食は軽めにとってくださいとお願いしておきました。
守っていただきましたか?3300mの高地に1時間で上るわけですから体は相当無理をします。極力体に負担をかけないようにするために、胃の中には余り食べ物が入っていないほうがいいのです。
酸素の濃度や気圧が平地の3分の2位ですから体が適応するのに半日はかかってしまいます。
クスコ行きの飛行機はいつも混んでいます。世界からの旅行客が大半を占めていますが、国内のビジネス客もこの便を良く使いますから、クスコに行くにはチケットを取るのが難しいのです。
低く垂れ込めたこの時期のリマの上空へ突き刺すかのように轟音を響かせながら上昇していきます。1500m近くまで上昇すると雲はあっという間に機体の下に広がりアンデスの山並みに向かって雲海を広げています。
始めは南のほうへ向かった機体は海岸沿いの砂漠を眼下に見ながらしばらく飛行します。
山肌も、平地もみんな褐色の大地で時間が動いてないような錯覚さえ覚えます。
しばらくすると翼が左に少しだけ傾き機首が南へ方向転換したのが分かります。行く手には飛行機の高度よりも高くそびえるアンデスの山並みがだんだんと迫ってきます。
白く氷河をかぶった鋭角の山々、点在する大小の湖の色は、二つとして同じものがありません。
山すそに小刀で傷をつけたような細く白く見える線はアンデスの集落と町を結ぶ幹線道路です。
限りなく続く山脈ともう一つずっと先に続くく山脈の間に高度を少しづつ下げながら飛行機が舞い降りて生きます。茶褐色の屋根がやたらと多くなってきました。クスコの町が眼下に広がっています。
怖いくらいに山すそに近づいて旋回をしながら滑走路に下りていきます。山脈の盆地に出来たクスコの街にはこうして危険とも見えるような方法でないとこれないのです。
クスコの空港も国際空港です。ターミナルに近づく飛行機の窓から見える空港の建物は、とても小さく見えます。
ほかの都市から先に到着した飛行機がターミナルに横付けしています。
完全に静止するとすばやくタラップが機首のほうに付けられ間もなく乗客は一斉に通路に立ち出口に向かって進みます。出口の近くまで来ると、スーッと冷たい外気が頬を伝って肺の中まで入ってくるのが分かります。タラップを降りてクスコの台地に一歩を踏み込んだとき、心臓の鼓動にギアチェンジがかかったのを感じる方もいることでしょう。
ここは標高3300mのアンデス・クスコなのです。
b0076801_21241784.jpg
b0076801_21244855.jpg

[PR]
by yamasaki0903 | 2006-07-18 21:23 | Comments(0)
昨日は1日ゆっくりと休んでもらいましたので、長旅の睡眠不足による疲れは少しは取れたかと思います。
いよいよ今日からアンデスの旅が現地で始まります。まずはリマ市内の観光に出かけます。
海岸の砂漠の丘の上からリマ市内を一望できる所に行ってみましょう。
南太平洋からアンデス山脈に向かって冷たい風が丘の上を通りすぎます。この時期はカーデガンやジャケットが無いと寒さに耐えられません。
南北に限りなく続く海岸線、対照的に山手に向かって数十キロの砂漠に広がる800万人を超えるペルー第一の都市リマ市。
港から中心部に向かっては近代的なビルが並び大都市の景観があるものの、山手にはびこるように無数の土塀の小さな家々が周りを取り囲むように集落をいくつも作っている。
これはアンデスの山々から降りてきた貧しい人たちが住み着いている集落でプエブロホーベンと呼ばれている。
もともとは地方の田舎で農業を中心とした仕事をしていたのですが、社会の貧富の格差は従来の農業では食べていけないほど社会のひずみが発生して、人々は山を下りて仕事を求めて都市部にやってくるのです。
全人口2700万人の30%が首都に集中しているのですから普通ではありません。そして今日を生きるのが精一杯の人がほとんどで、お金になることは何でもありの考えをする人が大勢いることも知っておかなければなりません。
車で移動しながら信号で止まったりすると、特に子供達がよってきて物を売ろうとします。
頼みもしないのに勝手に窓を拭き始めます。そして車が動き出すとお金を要求します。かわいそうだと思い窓を開けると事故に巻き込まれる危険もありますから必ずロックをしておくことも大事です。
観光でよく行くところは黄金博物館、河野美術館、大統領官邸や、中央官庁の建物が集まっているセントロ地区、近代的な町並みのミラフローレス地区、スペイン統治時代の面影が残る教会プラザ・デ・アルマス、太平洋に突き出た海の上のレストランでの食事などは思い出に残るコースです。
南米の人は昼の食事に最も時間をかけてご馳走を語らいながら食べます。
その食べる量は日本人の倍以上でしょう。特に白人系中南米の人は南ヨーロッパの習慣が色濃く残っていますから、贅沢な食事をします。
私達も海よりのレストランで南米の雰囲気を楽しみながらゆったりと食事をしましょう。
ランチは$15 も出せば思う存分好きなものを食べることが出来ます。
とくにたべてほしいのは、セビッチェと言う中南米風マリネです。白身魚とたまねぎのスライス、にんにくの摩り下ろしにアンデスで取れたレモンの汁をかけたものです。
またジャガイモや、ユカいも、とうもろこし、豊富な果物など選ぶのに困ってしまうほどたくさんの料理が並んでいます。
南米に来たら食べることも楽しみの一つです。
夕方ホテルに戻ってきたら、近くのスーパーに行くとリマ市民の普段の生活観をしることができます。これはお勧めします。
後はゆっくりと部屋で休んでください。
明日は午前10:00出発のフライトでいよいよアンデスの都3300mに在るインカ帝国の都だったクスコに行きます。
ホテルを8:00に出発することになります。朝食は軽めにとってください。そして睡眠を十分とっておくことです。
それが高山病にかからないようにするための大事な条件です。

b0076801_1343365.jpg

[PR]
by yamasaki0903 | 2006-07-17 13:38 | Comments(0)
ヤフーとグーグルからアンデスの風のホームページにアクセスされた方へ

下記のアドレスからアクセスをしていただくとホームページの前文が見れます。


http://www.andesunokaze.com/ です。


また。NCC長崎文化放送のホームページからも相互リンクしていますのでお試しください。
[PR]
by yamasaki0903 | 2006-07-17 02:55 | Comments(0)
7/14 日の朝があけました。ほとんどの皆さんは日にちと、時間の感覚、そして方角が良くつかめてないかもしれませんね。
世界のどこに行っても太陽は東から上がりますが、リマの午前中は雲が低く垂れ込めていて太陽を見ることが出来ません。
一眠りしても体は時差の関係でまだ意識ほど正常に機能してくれません。眠気が残っていたり、だるかったり、疲れが残っていたりと人によってまちまちです。
到着した1日目からリマ市内の観光に出かけても疲れが重なってくるだけですから、今日は予定を何も入れないようにしましょう。ゆっくりと1日を過ごしてください。
いろんな国からの観光客が来ていますが、到着した1日目は大体ゆっくりとすごしています。
ホテルの近くを散策しながらリマにいる雰囲気を味わうのもいいかもしれません。
[PR]
by yamasaki0903 | 2006-07-16 23:09 | Comments(0)
深夜のペルー・リマ{ホルヘチャベス}国際空港はひんやりとして湿っぽい感じがします。現在南アメリカは冬の気候で乾期に当たります。しかしこの時期の太平洋に面したリマ近辺は雲が低く垂れ込めてどんよりとした空模様が続くのです。
税関での入国のチェックが終わり、手荷物を受け取るといよいよ空港の到着ロビーへと出て行きます。深夜にもかかわらず大勢の人だかりが出口の所で待ち構えています。
この人たちはみんながみんな乗客を出迎えに来た人たちではなく、ホテルの客引きやタクシーの客引き、また何がなんだか分からないような人がたくさんいるのです。
タクシー?、タクシー? と次から次と声をかけてきますがいちいち相手をすることは必要ありません。
私達は待ち合わせのマイクロバスの添乗員の指示に従ってバスに乗り込みましょう。
空港から都心にあるホテルまでは約30分です。
真夜中と言うのに意外と車の多さに驚くでしょう。都心の町は眠りがとても遅いのです。信号は日本ほど多くありません。交差点の左右から入ってくる車は乱暴な運転手が多いので常に運転手は気をつけながら走ります。
中古の車が目立ちます。日本のトヨタ、日産の車がなんと多いことか。この国は車の排気ガス規制が無いので都心に行くに従って道路沿いの空気はあまり綺麗ではないのです。
予定しているホテルはポスタル・インカ ホテル。3つ☆のまあまあのホテルです。真夜中でもちゃんと風呂のお湯が出るホテルですから長い旅行のあとの湯船の風呂は気分をすっきりさせてくれます。
其々カウンターで手続きを済ませてボーイの案内で部屋に入ってください。
明け方7時から1階のレストランで朝食が取れます。30数時間ぶりのベッドでどうぞゆっくりと疲れを癒してください。
b0076801_16192552.jpg

[PR]
by yamasaki0903 | 2006-07-16 16:15 | Comments(0)
アトランタ空港を飛び立ったペルー行きのデルタ航空714便は、メキシコ湾からカリブ海を抜けてパナマ上空を通り太平洋へでています。窓から見えていた夕日はいつの間にか消えて真っ暗闇の中を南へと飛び続けています。
機内食はどうも食欲が進まずに、フルーツだけを口の中に入れただけです。動きが制限される飛行機のたびでは、始めのうちは機内食も楽しみですが、食べてばかりいるようで3回も4回も数時間おきに出てくると飽き飽きしてきます。しかし水分は時々取ったほうが体にはいいはずです。だから常にテーブルのコップの中にはミネラルウォーターを持っておくことをお勧めします。
ラテン系の人たちはおしゃべり好きで言葉は分からないと思っていても良く話しかけてきます。
こちらも知っているだけのスペイン語と英語をごちゃ混ぜにしながらでも話をすると意外と通じるものです。
眠気がかなり来ています。それもそのはずアトランタを飛び立ってすでに5時間が経っています。
外はもちろん何にも見えない暗黒の世界です。ジェットエンジンの音だけが力強く聞こえてきます。
機内のモニターに時々映し出される飛行ルートは、南米大陸の太平洋沿岸に沿って南下をしています。
ガラパゴスとエクアドルの海岸を結ぶ所ですから丁度赤道辺りを飛んでいることになります。
西経80度の子午線を南下しています。日本との時差が14時間あり、元に戻っていますから、
現在の時間は7月13日午後10時30分を過ぎたところです。
成田を経ってからもう20時間が経過しています。其々出発した各地から数えると30時間は経過していることになるでしょう。疲れもピークに達している頃です。
結局眠ることが出来ないまま機体が、まもなくペルーの首都リマの国際空港に到着しますのアナウンスにベルトを締めることになりました。
高度を下げている機体は雲の中に入ったみたいで、ゆれが少しでてきました。急に窓の外に広がるだだっ広い夜景が窓から飛び込んできます。機体はペルーの上空に入っていました。
町の明かりが次第に大きくなり進入灯の青いランプの真ん中に吸い込まれるように高度を下げ、間もなくゴトンと言う音とともに機体は滑走路に車輪を下ろしました。逆噴射の轟音が機内に伝わり少し前のめりするほどスピードがゆるくなっていきます。
ここは皆さんも始めて足を踏み入れることになる南米大陸の空の玄関ペルーの首都リマに到着したのです。
時間はすでに真夜中の0時30分を回っています。日にちはまだ7月14日になったばかりです。
[PR]
by yamasaki0903 | 2006-07-15 23:47 | Comments(0)
7月13日(アメリカ東部時間)
アトランタ到着2時間前にもう一度機内食が配られるというアナウンスに目が覚めた方も多いと思います。窓側のブラインドを上げて外を見ると眼下にはアメリカ中部の広々とした大自然が広がっています。
あまり進まない機内食をついばみながら時々窓の外を見てもだだっ広い大地は行けども行けども同じような風景が続くだけです。それでも目的地のアトランタ空港へ向かって飛んでいるのは間違いなさそうです。座席のスクリーンに映し出される航路は着実にアメリカ大陸を西から東に進んでいます。
機長のアナウンスがまもなくアトランタに到着することを告げます。機体は徐々に高度を下げていることが実感できます。放物線上に延びた郊外の住宅地が眼下に見えてくるとまもなく飛行機は着陸態勢に入って、一気にランディング。
アメリカ合州国ジョウジア州アトランタ国際空港に到着です。
時刻はアメリカ東部夏時間で、7月13日午後4時を回ったところです。
トランジットでこれからペルーへ向かうには、一旦身柄だけアメリカの税関を出て出発ゲイトに向かわなければなりません。
待ち時間は1時間30分足らずです。少し気持ちが焦りますが、出発ターミナルは同じ建物の3階の1番ゲートなので乗り遅れる心配はありません。
1階の税関を出てエレベータで3回の1番ゲートに向かいましょう。
優に10分は歩きます。一番東側がペルーへ向かうゲートです。今までの雰囲気とはもう全く違ったラテン系の匂いとスペイン語の会話に変わります。
機内への案内もスペイン語に始まり次に英語でのアナウンスです。
アメリカにいながらここはもうアメリカの雰囲気はありません。すでに南米にいるような錯覚になっていることでしょう。
7月13日午後5時30分、一回り小さくなった飛行機は7時間の予定で南米ペルーへ向けてアトランタ空港を飛び立ちました。
日本を出発してからすでに15時間が経過しています。
[PR]
by yamasaki0903 | 2006-07-14 22:40 | Comments(0)
1日目[7月13日]   成田空港15時30分発デルタ航空777便アトランタ行は、約30分遅れ で成田空港を離陸しました。
 あいにくの梅雨前線による大雨と雷雲が過ぎ去るのを待ってからの離陸              になったものです。
 離陸直後にいつもは綺麗に見える九十九里浜と房総半島の景色は雨雲              に覆われてまったく見ることが出来ません。
 飛行機は水平飛行高度33000フィート[高度11km]上空に向かって一              気に上昇していきます。
 30分ほど経ってから機内アテンダントたちの動きがあわただしくなってきます。
 大柄なアメリカ人に混ざって日本人乗務員も2名います。かわるがわる               通路を行き来しながらにぎやかな会話が始まります。
 其々のシートの前にはコンパクトのスクリーンモニターが付いていて、リ              モートコントローラでチャンネルを選ぶことが出来ます。
 乗客其々に好きな番組を選びヘッドホーンで楽しんでいます。
 飲み物や機内食のサービスは、肉か魚どちらにしますか?の問いかけ               に選択をすればテーブルに出してくれます。
アトランタまでの13時間の長旅は、動きをあまり取れ無い機内ではとて              も窮屈で退屈に違いありません。でも、偶然隣り合わせに座った外国人              とのおしゃべりは、普段経験できないいいチャンスでもあります。 分からない言葉は適当に聞き流して分かった言葉に会話を進めていけば、何とか話は続いていくものです。 離陸して5時間も経つと、アテンダントの動きもまばらになり機内には飛行機のエンジン音がかすかに聞こえるだけです。やわらかい枕と1枚のブランケットで機内の寒さを防ぎながら睡眠をとることにしましょう。
[PR]
by yamasaki0903 | 2006-07-14 10:55 | Comments(0)
イヤパスのメンバーの一人ホセ君の実家もアンデスで農業をしています。これがホセ君のお父さんが作ったチューニョです。
b0076801_17531474.jpg
b0076801_17535743.jpg

[PR]
by yamasaki0903 | 2006-07-09 17:54 | Comments(0)
皆さんも昨日の夜8:00からNHK総合テレビで放送された『探検ロマン・世界文化遺産』ティワナコ文明、の番組を見られたかと思います。アンデスに栄えた文化の一つティワナコ文明を紹介したものでした。
昨日のブログにも少しだけ書いておきましたが、ペルーとボリビアの国境にもなっている3800mの標高にあるチチカカ湖の南部に栄えた文明で、特に太陽の門で有名な神殿をはじめとした石造建築が多く創られた時代でした。
またこの頃から始まったジャガイモの栽培は、現在でもアンデスの主食としてほとんどの地域で栽培されています。
そしてジャガイモから作る乾燥した保存用のジャガイモはチューニョと呼ばれ、現在も先住民の大事な主食としてたくさん作られています。
このホームページでも先月ジャガイモを干している映像を掲載しましたが、あの映像がまさしくチューニョを作っているところです。
もう一度掲載しましょう。昨日の番組では、せっかくアンデスの番組を紹介したにもかかわらず、フォルクローレの曲はまったく流れてきませんでしたね。視覚と聴覚のコントラストでアンデスのイメージをより引き出すには、要所要所にフォルクローレのBGMを入れてほしかったと思いました。
b0076801_17474585.jpg

[PR]
by yamasaki0903 | 2006-07-09 17:48 | Comments(0)