カテゴリ:アンデスの風支援基金のページ( 39 )

2016年度「インカニャン・コンサート」は12月19日(月)をもって、すべてのスケジュールが終了いたしました。今年も4か月間の滞在期間中、各都府県において95ステージの開催をこなしてきましたが、各開催会場においてたくさんの方々に視聴、応援、支援を戴き充実したコンサート開催を行う事が出来ました。その結果、全ての面で新記録を打ち立てることが出来ました。
関係して戴いたすべての皆さんに感謝しお礼を申し上げたいと思います。
本当に1年間お世話になりました。ありがとうございました。
また、アンデス支援基金の活動も順調に推移しており、2017年度中には4校目となるアンデス山脈4000mを超える地域に建設予定地を設定して具体的な建設スケジュールに入ることにしています。
その他のプロジェクト(使い古しの学用品寄贈、音楽文化交流、音楽教育、交通安全教育)についても地道な活動ではあるものの、日本全国からの支援、寄贈を戴きながら継続した活動を行い、その成果も現地で出てきています。
2017年度、2018年度へ向けてより強靭な支援体制と、活動結果を残す年になるよう全力を尽くしてまいります。皆様の引き続き熱いご支援をお願い申し上げます。
2016年のご支援に感謝し、2017年が皆様にとり輝かしい1年となりますよう祈念いたします。
           
[PR]
by yamasaki0903 | 2016-12-21 10:44 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(2)

9/8(木)所沢市民会館マーキーホ-ルでのコンサート時の写真を掲載します。
会場が大きいために会場後部からの写真になります。
当日会場は満席にて1000名の入場者の中で開催されたコンサートです。
主催は埼玉県所沢市教職員主任手当管理組合の企画によるコンサートです。
b0076801_1217339.jpg

b0076801_12173989.jpg

[PR]
by yamasaki0903 | 2016-11-19 12:15 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)

国際貢献活動について

2016年1月1日現在、アンデスの風が取り組んでいる支援活動について概略をお知らせいたします。
1、4校目の学校建設プロジェクト
  国際貢献活動の原点である学校建設については、2005年3校目の建設寄贈(クスコ県ピツマルカ郡区
  ウチュジュク小学校)以来具体化できていません。4校目の候補地については徐々に固まりつつあります。
  次回も教育環境整備が著しく遅れているアンデス山脈の地方の高地(標高4000m前後)が最有力候補   地として考えています。1日でも早く建設着工へ向けての実現化を図っています。

2、使い古しの学用品の寄贈
  1990年から全国の小、中、高校、慈善団体、企業、個人の皆さんから寄贈していただいている使い古し   の学用品については、随時輸送、訪問時の手荷物で届ける活動を行っています。
  それでも寄贈していただく学用品の多さに、今後輸送費の支援について諸団体に検討をお願いしていく必  要に迫られています。

3、交通安全教育
  暴走する飲酒運転の車の事故により、一瞬で奪われた小さな命。あかねちゃんは、わずか10歳でした。   お星さまが大好きだったあかねちゃんは、交通安全の願い星「星になったあかねちゃん」(ステラ・オブ・あ  かね・Ⅿ・エンジェル)となり、今日もお空からみんなの幸せを見守り続けています。【星になったあかね    ちゃん】より。
  深い悲しみを乗り越えたご両親(丸田研二、康子さん)の思いに共鳴して、スペイン語に翻訳した絵本を   使って、アンデスの学校の授業で交通安全教育をこれからも行っていきます。

4、音楽教育
  楽譜を読めないアンデスの子供たちを中心に、日本で寄贈していただいた鍵盤ハーモニカを使って五線   譜の読み書きと演奏の指導を行っています。
  ピアノや、その他の鍵盤楽器を購入できない学校にとっては鍵盤ハーモニカによる音楽教育は新しい音楽  教育の先駆的な役割を担っていきそうです。

5、演奏活動支援
  日本で活動をしているプロ、アマの演奏家の中で、長年にわたり社会貢献活動や国際貢献活動、平和活  動の実績がある方を中心に南米アンデス地域にお連れして、日系社会の皆さんやアンデスの子供たち    にクラシック音楽の演奏や日本の歌を通じて音楽による相互文化交流を継続して行っていきます。

6、フォルクローレ演奏グループの招聘
  アンデスの風が毎年秋季の4か月間だけ開催している、南米アンデス地方の伝統音楽、フォルクローレの  演奏グループによるコンサートを支援活動の一環として引き続き行って参ります。
  これまで開催していない地域(東北、北海道)での開催も積極的に検討していきたいと思っています。
  
*以上の活動概略は、2015年度版CD「INKANAN ORO」の支援活動概略にも記載しています。
  なお、2016年度の新作CDのパッケージ裏面にも記載の予定です。
  引き続き皆様の温かいご支援をお願い申し上げます。
  
[PR]
by yamasaki0903 | 2016-01-19 15:41 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)

5/1付、新刊書『なっちゃんの大冒険」花乱社刊・定価【本体1500円+税)が発行されました。
この本の著作者は、ピアニストで音楽企画会社、ル・セルクル代表の久保山千可子先生と御嬢さんで同じくピアニストの久保山菜摘さん親子によるものです。
小学6年生の時から毎年チャリティー・コンサートを開催し、2014年5月には全国から寄付された鍵盤ハーモニカの一部25台を持って、ペルー・アンデスの高地の小学校へ。国際交流と平和を求め願う多彩な国際貢献活動を綴った「母と娘連弾」のエッセーです。
特に、ピアノに関わった数百万人の日本の方々には是非一読して欲しいと思います。また現在ピアノ教室で練習を積んでいるお子さんやお母さんには必読書です。
これからの「新しいピアニスト像」を模索できる貴重な一冊です。
アンデスの風でもこの著書を斡旋いたします。
ご購入希望の方は、アンデスの風へ電話又はメールにてご注文ください。
アンデスの風:電話番号:0959(37)5340
         メール:ymsk0903@io.ocn.ne.JP
b0076801_11571032.jpg
b0076801_11575084.jpg

[PR]
by yamasaki0903 | 2015-05-20 11:58 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)

7月31日(木)長崎新聞に、アンデスの風支援活動の一環で鍵盤ハーモニカを使った音楽教育支援の記事が掲載されましたのでご紹介いたします。
b0076801_1724508.jpg

[PR]
by yamasaki0903 | 2014-07-31 17:24 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)

長崎市立小江原中学校の生徒の皆さんから預かったペルーアンデスの子供達への学用品は、約1ヶ月余りかけて太平洋を航海し、さらに赤道を越えて南アメリカ大陸の太平洋岸のペルーカヤオ港に到着しました。
今は現地での受取人になっている、フォルクローレ演奏グループ「ワイリ」のメンバーだったホセ・ルイス君がアンデスのクスコから首都のリマに向かって税関で手続き後アンデスの学校に搬送することになっています。
クリスマスまでには子供達に届けたいとの思いがありましたので、何とかホセ君に頑張ってもらい確実に子供達に届いて欲しいと思っています。
こんな梱包で海を渡りました。写真を紹介します。
b0076801_21361651.jpg
b0076801_21373426.jpg

[PR]
by yamasaki0903 | 2007-11-29 21:39 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)

b0076801_14343133.jpg

[PR]
by yamasaki0903 | 2007-02-18 14:35 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)

b0076801_23533786.jpg
b0076801_2354435.jpg

[PR]
by yamasaki0903 | 2007-02-17 23:54 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)

b0076801_2010334.jpg
先日、小江原中学校生徒の皆さんによるアンデスの風支援基金を通じたアンデスの子供達への文房具を送る支援活動については、概略をこのブログで紹介を致しました。
今回みかん箱9箱以上にもなる文房具1万点を超える支援活動の贈呈をしていただいた時に、1年から3年までの各クラスから、アンデスの子供達に心のこもったメッセージも同時に預かりました。このメッセージについては既にアンデスの学校の子供達に発送いたしましたが、どのようなメッセージだったのかをb0076801_2085698.jpg読者の皆さんにも紹介をしたいと思います。
[PR]
by yamasaki0903 | 2007-02-17 20:10 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)

2007年2月7日(水)、長崎市立小江原中学校生徒会の皆さん、約500名の生徒の皆さんによる、支援活動の賜物である、ノート、鉛筆をはじめとする学用品10000点以上の贈呈を、アンデスの風支援基金を通じて、アンデスの子供達にいただきました。
これは、当中学校の生徒の皆さんが1年かかつって国際貢献活動と世界の平和を念願する平和学習の中の一環として取り組んでくれていたものです。
生徒会の皆さんが中心となって生徒の皆さん全員が1年がかりでこつこつと地道な活動の中から積み上げてきたものです。
沢山の学用品のほかにも、アンデスの子供達に沢山のメッセージを書いてくれました。
まず、メッセージについては早速ペルー共和国・クスコ県ピツマルカ・ウチュジュク村の学校に郵送をしました。
到着次第ウチュジュク村の子供達からメッセージが小江原中学校の生徒の皆さんに届けられるようになっています。
このブログを通じて今後も報告をしたいと思っています。
尚この活動の模様については、2月7日(水)のNHK、NCC,NIBの各テレビ、2月8日(木)読売新聞、長崎新聞においても大きく報道されました。
現在も日本各地で沢山の学校、社会貢献活動を行っている団体の皆さんがアンデスの風支援基金の活動に賛同していただいて、活動を行っていただいています。
この件についても、随時このページで報告をしていきたいと思っています。
長崎市立小江原中学校の皆さん有難うございました。

アンデスの風支援基金 代表  山崎和幸
b0076801_20194418.jpg

[PR]
by yamasaki0903 | 2007-02-15 20:28 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)