支援活動の広がり

アンデスの風支援基金の活動が、西日本各地の教育現場で、教材として活用されています。
コンサート活動で各地の学校に行ったときも、児童生徒の教育の一環としてビデオ撮影で提供をしたり、コンサートの様子を録画して後々音楽の時間や、国際交流に関する事業の時に使われたりしています。
四国徳島県のある中学校では、民族音楽の授業でアンデスフォルクローレを取り上げてもらい、アンデスの風が提供した、音楽家達の演奏や、民族衣装を見聞きしながら独自にフォルクローレの演奏分析を行ったり、日本の音楽楽器を使って、フォルクローレの楽器の音に近づける工夫研究をしながら演奏を試みたりしています。

また支援活動を学校の生徒会主導でサポートしたいと言う申し出や、アンデスの子供たちとの交流のきっかけを作ってほしいなどの問い合わせに接しています。
アンデスの風支援基金では、これまで積み上げてきた経験と実績に基づき、可能なことについては極力協力をしていくことにしています。
学校のみならず一般の社会貢献活動を地道に継続して行っている団体についても、協力をしていくことにしています。
b0076801_19431744.jpg

[PR]
by yamasaki0903 | 2006-11-10 19:44 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)