たんぽぽプロジェクト・募金箱 動き始める

2018年5月から2019年5月までの期間中に、アンデスの風支援基金が中心となって、南米アンデス山脈の4000m前後の高地に予定している4校目の学校建設・寄贈を具体化するための様々なプロジェクトが動き始めていますが、建設資金をサポートする(たんぽぽプロジェクト)「募金箱」が既に完成して、コンサート開催時や協賛企業、一般企業、個人、個人の口コミで、風に吹かれて拡散するまさににたんぽぽの羽根のように広がりを見せています。日本全国の全ての地域に根付いてほしいと思っています。
簡単に組み立てが出来て、毎日の生活の中に自然体で溶け込む(たんぽぽプロジェクト)「募金箱」が、大きな力となって南米アンデスの大地に学校建設という目に見える形で実現します。

「募金箱」のメッセージから(一部抜粋)
『私にできることってなんだろう』の合言葉で、たくさんの日本の子供たちが地球の裏側にいる子供たちにエールを送る支援活動です。「困っている人たちに少しでも力になれたら」そんな想いで始めた活動が全国各地へ広がる事を願っています。皆さんの力を貸してください。

(たんぽぽプロジェクト)「募金箱」の主人公は子供たちです。
 募金箱をご希望の方はアンデスの風までご連絡下さい。
*取り急ぎ1000枚の募金箱を用意しています。
(有)アンデスの風 電話:0959(37)5340   mail: ymsk0903@io.ocn.ne.jp
b0076801_11564252.jpg

[PR]

by yamasaki0903 | 2017-06-13 12:04 | アンデスの風支援基金のページ | Comments(0)  

<< 現在のロゴ画像の動物について たんぽぽプロジェクト 募金箱について >>